タグクラウド
記事

2010年11月23日

2010/11/22 大日本(後楽園)

近所のJCBではSMASH、プヲタ仲間のほとんどはそっちを選択。
西側に座ったんだけど、いつもより記者が少ない、絶対にJCBに行ったな。
しかしほぼ満員だよ大日本、すんげーいい雰囲気。

○塚本拓海vs橋本和樹
第一試合としてレベル高すぎ。
ZERO1若手のシバキ合いもすごいけど、この第一試合もそれに遜色ないどころか超えてるかも。
顔さえついてきたら試合内容としてはセミでもおかしくないくらい力のこもった内容。


○谷口裕一・星野勘九郎vs大黒坊弁慶・稲葉雅人
いつもどおりの谷口くんの試合。
あの第一試合のあとどうすんだよ?と思ったけれど、あの第一試合のあとだからこそ、意味ある試合になった。
なかなか


○大石真翔・旭志織・ツトムオースギvsMEN'Sテイオー・怨霊・大橋篤
いつもの大日本なら俺の気持ちがとぎれる第三試合。
...しかし今日は盛ってた。

試合前、大橋篤ファンクラブ代表の可愛らしい女性から花束を受け取る大橋。
中盤まで試合は試合そっちのけで、この花束を大橋が守る攻防に終始。これが大ハマリ。
花束が危険にさらされるたびに感情を爆発させる大橋。
「大橋中心で好試合」を始めた見た。
ライバル(と俺が勝手に認定している)クレイグは今や人知れずNWAジュニアのチャンピオンだしね。
好試合。


○シャドウWX・バラモンシュウ・バラモンケイvs佐々木貴・宮本裕向・忍
シャドウ貴宮本と何気に元デスマッチヘビー級が3人入ってる試合。
試合内容はやっぱりバラモン、場外を練り歩きそこかしこで水をばらまく。
ロープ最上段から相手に口からスライムを垂らすバラモン兄弟、なぜか同じことをするシャドウ(笑)
そしてバラモンにメカマミー風の肘あてを装着され、ラリアットで相手を蹴散らすシャドウ(笑)
やっぱバラモンはできる子だ、第四試合として最適。


○伊東竜二・アブドーラ小林vs竹田誠志・南野タケシ
序盤中盤は格落ちの南野が攻められる展開。
上着の中に蛍光灯を突っ込まれ蹴られること数回、背中全体に血が滲むシャツ。
終盤はデスマッチヘビー次期挑戦者として名があがってる二人(アブ小と竹田)の攻防。
完全にリフトしたジャーマンで蛍光灯に首鈴から叩きつけられるアブ小、首から肩口にかけて血まみれに。
これを耐えきったアブ小がコバドライバーからのトップロープからのバカチンガーエルボーでピン。
久しぶりのピープルズレスラー小林の晴れ舞台に盛り上がる場内。

血だるまの体でこれまた人の良さが滲み出るマイクでデスマッチヘビーの挑戦を宣言する小林。
いやーいい光景だ。
好試合。


○岡林裕二・河上隆一vs石川晋也・HARASHIMA
体も厚くなり髪型も変え、すっかり若手レスラーを脱皮した感じのする石川。
試合の大半は石川の攻撃を受けながらも、説得力のある力技で追い詰める岡林と河上という展開。

しかし岡林と石川は説得力のあるレスラーになった。
来年当たり、火祭りクラスのカップ戦なら本命になってもおかしくない。

最後までDDTのエース格であるHARASHIMAにまったく視線を移させない試合をする大日本の3人。
目を引くような派手な大技はなく、打ちあい投げ飛ばすだけで好試合を演出できる。
第一試合といい、大日本若手の完成度の高さに驚き。 
好試合


○葛西純・“黒天使”沼澤邪鬼vs関本大介・佐々木義人
額から血が流れて目を向く義人は葛西邪鬼よりよりも数段上の狂気を感じさせる(笑)
そんな義人が歯を食いしばりながら、コノヤローコノヤローと蹴散らしては試合巧者の二人に上手にさばかれる。
あれ?義人一人相撲じゃね?というタイプの面白い試合、しかも最後まで止まらない。
他団体で大満足試合連発の関本を差し置いて、プヲタ的にはそんな義人に釘付けの試合。

そしてやっとガソリンの切れかけてきた義人からピンを奪う邪鬼。
爆発する場内、最前列の女性は歓喜のあまり踊り狂ってる(笑)

好試合

−−−−−

これ以上ナニを望むというの?という素晴らしい興行。
第一試合から時間の経過をまったく感じさせない興行は久しぶり。
しかもそれが肉体を極限まで追い詰めるようなデスマッチがなくてのこの満足度。
大日本は本物になったと思う。

興行満足度:98%
客入り:満員
タグ:大日本



posted by わに at 14:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月18日

2010/11/17 ZERO1(後楽園)

あれあれ、先月は1興行しか観戦してないっすね。
当ブログを始めて5年、いかんなプヲタ道にも悖るな。

さてそんな久しぶりの観戦は「後楽園"狭い"ホール」
201011171853000.jpg
※試合前に取ったので空席が目立ちますが最終的にはほぼ埋まりました
個人的にはスカスカになるより前の方に密集させたほうが良いと思うんで悪くないかと、寂しいことだけど。

○植田使徒・横山佳和vsブレイズプリスト・ダンゴーマン
大きく声も出てるブリストに、試合よりもコスチュームのヒラヒラが気になるダン・ゴーマン。
ダン・ゴーマンはトペと見せかけて頭からロープに突っ込みリングに戻る動きを披露、しかしその動きはトペを失敗してああなったのか???ともとれる、苦笑するプヲタ。
そしてブリスト、体がでかいわりにインパクト前の動きがふわっとしてる、緊張からなんだか怪我しそうな角度で相手を投げたりとなんだか危なっかしい。
そんな心配が現実に、ロープをつかったストンピングで思いっきり右足を捻ってしまうブリスト。
哀れ試合最後までエプロンにあがることさえできず(http://goo.gl/LazJ8)あーぁ緊急帰国だろうなー。
試合内容は特に感想なし!


○崔領二・小幡優作・若鷹ジェット信介vsKAMIKAZE・斎藤謙・不動力也
今日も良い動きをみせる斎藤&小幡、これだけは毎回見る価値がある。
今日も沸かせる打撃を見せる不動、今日は一歩引いた形の崔、いつもながら空気のKAMIKAZE。
でもジェット、ジェット、ジェット...。
斎藤に打ち負け、不動に凹られながらも、最後に説得力ゼロの丸め込みで勝つジェット。
650円だからいいかぁの中華料理セットが意外に美味しく、満足して帰ろうかと思ったら厨房で仕上げに味の素を大量にぶち込んでるのを見てしまって最後にゲンナリな気持ちになったような試合。(たとえれてる?)
坂田&ジェット組は各団体のタッグリーグ戦に出て欲しい、アッチの意味で。


○菅原拓也vs藤田峰雄vs藤田ミノルvs澤宗紀
次期Jr挑戦者決定権をかけた4Way戦。
もっさり二人(ミノル&菅原)はいつもどおり。
非常にイキのいい動きだけど顔力に欠ける峰雄、少しもったいない。
澤さんはいつもどおり。
ぶっちゃけ4Way特有のスイング感は出せなかった試合。
単体の澤と峰雄は良かったけど、試合全体としてはしおしおのしあい。


△田中将斗vs佐藤耕平△
田中ってすげぇなぁ
そりゃ中堅不足の新日本の大会場興行に毎回引っ張られて、真壁や後藤と連戦させられるわなぁ。

耕平はあわせてるだけのように見えた(俺目線なんで意見は分かれるところだけど)
しかし、耕平の不幸ってライバルとなるような大型で手の合う選手がいないことなのかもね。
今はどこの団体みても満足試合できる選手って、JrかJr卒業した微妙な体格のレスラーばっかりだもんな。
そんな耕平の不幸に思いをはせつつ。

試合自体はなかなかの試合


〜休憩〜
でたぁGカップ以上の巨乳アイドルユニットKNU23
http://goo.gl/7Kti
う〜ん、すごい。「はいはい、最近のアイドルヲタクの皆さんはこんなん興味あるでしょ?どうよどうよ?」とアピールされてる感がものすごくする。
今日は衣装のせいで自慢のオパーイが揺れなかったのが残念至極。


○日高郁人vsフジタJrハヤト
う〜ん、ハヤト伸び悩んでんなぁ。
もちろん中の上なんだけど最近見る試合で期待値を上回ったことないよなぁ。
後楽園シングルでやったサスケ戦(http://goo.gl/uBUPd)、新木場で見た九龍の試合(http://goo.gl/0E1hR)の試合を生観戦したんでオレにとってはハヤトって貯金あるんすよね。
なかなかなんだけど、日高相手ならもっとできるだろーという試合。


○関本大介vs大谷晋二郎
日本の宝、関本さん
今日の相手はリング上での感情見せたら日本一の大谷さん、こりゃつまらないワケが無い。
もちろんノリノリの大谷さん、関本のチョップを胸を出して受けるだけでなく、打って来いとばかりにインパクトのタイミングで前に出る。
遠めに見ても痛々しく腫れあがる大谷の右胸。
そしてノリノリの大谷さんは普段見せないウルトラタイガードロップまで披露、ベテランになろうとするレスラーがこういう思い切りのいい動きを見せるのは見ていて気持ちがいい。

でも、試合自体は関本の試合。
大谷がスカすような動きを見せないのもあり、正面からの筋肉地獄に追い詰められる大谷。

最後はジャーマン2連発を返した大谷の横っ面を薙ぐようなラリアットでピン、説得力抜群。
好試合


−−−−−

久しぶりの後楽園だし仕方ないのかもしれないけど、最後の3試合のボリュームは盛りすぎ。
3試合ともいい試合なんだけどね。
そこさえ何とかなれば、怪しい外人/気持ちを見せる若手/もっさり試合/日高田中大谷関本とプロレス興行を見せる意味では良い団体だと思うけどねZERO1。
両国のカードは心配だけっども。

興行満足度:90%
客入り:100%(後楽園ホール狭いバージョンで、通常なら6割くらいじゃねーの)
タグ:ZERO1



posted by わに at 18:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。