タグクラウド
記事

2010年12月27日

2010/12/26 アイスリボン(後楽園)

満員マークはつかないけどなかなかの客入り。
今日は「ディーノvsエース」で観戦を決定。


○みなみ飛香・つくしvsりほ・くるみ
インタビュー映像の飛香がいい顔つきになった。
今年は位置に試合内容が追いついてない気が個人的にはしてたけど、来年は化けるかも。
試合内容も飛香中心、小学生二人をうまくまわし非常に満足度の高い第一試合に。
しかし小学生二人(つくし・くるみ)が上手い、もちろん他2名の試合をまわす技術があるけど。
第一試合として良


○男色ディーノvs松本都vs都宮ちい
この試合で観戦を決めたといっても過言ではない今日の期待試合。
ディーノの入場前に「あたしが踊ってるスキにディーノに急所攻撃をして!そこでフォールよ!」と仕切る都。

その術中にハマるがカウント2で返し、反撃のディーノ。
しかし試合がいまいちスイングしない、俺の期待が高かったせいかもしれんが。

GENTARO戦のように必要以上に追い込まれたりとか、葛西とのタッグで緊張感を与えたりとか、実力にそぐわないタイトル戦(vs市来、vsりほ)とか、エースは追い詰められたり注目されたりとかしないと輝かないのかね。

ディーノのペースでの試合が見たかったな、エースのこのところの試合で初めて不満


○紫雷美央・紫雷イオvs市井舞・ジェシカラブ
メキシコ帰りの紫雷姉妹が非常にいい感じに。
以前は妹の尋常で無い身のこなしで作ってた試合を、メキシコ帰りっぽい客を煽るスタイルに。
客のジェシカへの声援を逆手にとり、客のマネしたりバカにしたりと。
動きながら上手い客煽りで試合の序盤中盤を作れるいいレスラーになってる。
このスタイルで序盤中盤を作れるからこそ、終盤の派手な技が生きてくる。

対するジェシカ市井組、市井はあいかわらずしおしお。
そこそこの仕事をしているジェシカ...いやきっといつものジェシカはもっと沸かしてるんだろうなぁと。

まぁ本調子が出ないジェシカと相変わらずの市井相手に、良い仕事をした紫雷姉妹の試合。


○TAJIRIvs真琴
それまで皆勤だったアイスリボン興行を休んで、WWEのトライアウトを受けたことを初めて公式に認める煽り映像。
決して裏切りでもなく、自分の夢でありアイスリボンを世界に広げることが目的。
そしてその夢に向かう自分のとってTAJIRI戦は意味深いということを自分の言葉で語る真琴。
その辺はコレ

んで試合。
TAJIRIさんすごいっすよ
真琴相手に腕を攻め、足を攻め、首を極めと、さんざん追い込みまくるTAJIRI。
腕を違う角度で取り直す動作ひとつをとってもTAJIRIがやると理にかなってるようにみえてしまう。
そして唯一空いたタイミングから反撃する真琴をすぐに封じ込め、組み伏せる。
しかもそういった(わざと空けたであろう)スキマから真琴の反撃の感情とか動作、良い面を引き出してるように見える。
終盤にはハンドスプリングエルボー一発で会場を沸かせる。
TAJIRIのスゴさを垣間見た素晴らしい試合
そりゃSMASHは固定客つくよなぁ。


○藤本つかさvsコマンドボリショイ
いやぁあの試合のあとは厳しいだろという試合。
予想どおりなんかちぐはぐな試合に。
こちらの想像を超える動作や説得力がひとつも無い試合なんすよね。
個人的に嫌いなタイプの試合。


○田村欣子vs志田光
田村の上手さが出た試合。
試合のほとんどを攻めながらもときおり見せる大きい受身で試合を作る。
それと終盤、追い込んでからの最後の3分の試合の作りが素晴らしい、これこそ興行を背負ってきたレスラーの成せる技。
こういうフィニッシュへの緊張感を演出できる選手ってやっぱり強いし面白い(いいときの小島とかもそう)
好試合。


○さくらえみ・星ハム子・帯広さやかvs高橋奈苗・夏樹☆たいよう・しもうま和美
しもうま和美引退試合
重労働であろう福祉の仕事を優先しながら、婚約者もいる状態で、3年という期間を区切りプロレスをしてきたしもうま和美。
常に前向きで頼りがいがあり、生ジョッキ片手にインタビューに応える映像。
その引退試合。

秀逸だったのが帯広と夏樹の攻防。
帯広の一部意味不明なロープワークにつきあいながらもスイングする夏樹。

そして試合全体で今までをすべて凝縮したような攻防を見せるしもうま。
こういう器用ではないはずなのに体の強さを感じさせ、誰とでも試合をできる選手って貴重。
個人的なベストバウトは異種格闘技戦でもあった藤野恵美戦
ここ数年で見たプロレス寄りの異種格闘技戦としては上位に入る出来。

フィニッシュ前、仲間のハム子を羽交い絞めにしてコーナーまでひきずり無理矢理タッチする帯広。
そこから力負けしてたはずの帯広が(説明不可能な)股下潜り込みから丸め込んででピン。
勝者と敗者、そして極め技と、まずあり得ない状況に盛り上がる場内。
好試合

試合後、アイスの全選手が入場し飛香のブロックバスターから、さくらの450スプラッシュまで全選手のフィニッシュ技をことごとく受けるしもうま。
またしっかりとした言葉で引退の挨拶、すばらしい。

−−−−−

しもうまの引退試合を除いて公平に見ると、「ディーノvs都・ちい」「TAJIRIvs真琴」「ボリショイvs藤本」「田村vs志田」の実力差マッチで明暗が分かれた気が。
遠慮したのか相手のペースで"やっちまった"ディーノ、誰とでもどの位置でも望まれた試合ができるTAJIRI、タイトル戦の終盤の攻防で抜群の安定感を出せる田村、今日を見る限りではスイングしなかったボリショイと。
全体を通すと、前回の仙女対抗戦後楽園よりは少し落ちるかと。
あくまで個人的な感想だけど。

客入り:90%
興行満足度:85%



posted by わに at 19:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月12日

2010/12/11 ZERO1(六本木)

初のベルサール六本木。
会場規模としては板橋グリーンホールを多少広くしたくらい。

入場口には巨乳アイドルユニットでおなじみ(?)のKNU23がお出迎え。

〜タッグリーグ参加全選手入場
KNU23が各チームを先導。
リング上に集う男女の巨乳率の高いこと高いこと。

○植田使徒vs横山佳和
開始数分、脳震盪なのか立ち上がれなくなる横山。


○ハートブレイクエキスプレスvs藤田ミノル、不動力也
注目はハートブレイクエキスプレスのデブの方。
韓国アイドルの歌にのって踊りながら入場するそのおデブちゃん。

んで試合、やはり会場の期待はおデブちゃんの挙動。
そのデブちゃん、不動の尻から落とすボムで、不動のアゴ(歯?)を頭頂部に受けてしまい流血、血に染まる金髪。
デブちゃん中心のネタ試合のはずが2℃ほど下がる会場の温度。
頭の流血を気にしつつも、試合をやりきるおデブちゃん。

前座中盤の試合の外人ってこういうのを呼ぶべき...という見本。
マンネリにならない程度にこういうタイプを呼んで欲しい。


○崔領二・若鷹ジェット信介vsダンゴーマン・斎藤謙
まぁ斎藤期待の試合ですよ。
勝ち負けはおいといて崔とジェットに噛み付いたり、過剰なまでのちょっかいを出して欲しい。
個人的には斎藤に対する期待はものすごく高いので、その期待は上回らなかった試合。

試合はというと、フィニッシュの雰囲気となってからの繰返しの丸め込みで勝利するジェット。
格下相手に追い込んで、丸め込みで勝つジェット...ジェット...ジェット
俺の中のジェットの評価は積極的に嫌いから苦笑の対象になった


○佐藤耕平・KAMIKAZEvs金村キンタロー・菅原拓也
もっさりレスラーと、注目試合以外では流してるように試合をする人、の組み合わせ。

そうなるとわれわれプヲタの注目はKAMIKAZEの新調したタイツに注目。
リックフレアーのガウンの生地で作ったかのようなタイツ。
動くたびにエレガントなシワと影がKAMIKAZENの下半身をいろどる。
高級リラックスウェア(笑)で戦う選手として注目をあびてほしい。
カタログ通販のモデルデビューも是非はたしてほしい。

あ、KAMIKAZEのフィニッシュのスカイツイスタープレスは◎。


〜休憩、KNU23
さてZERO1ファンにはすっかりお馴染みの巨乳アイドルユニット、KNU23
正面となる北側席には巨大カメラやビデオを構えた明らかにその道のファンの方達が数名。
自分でまず見に行くことが無いイベントが、向こうから来てくれるというのは何となく得した気分。
個人的には真正面から楽しんでる時間だったりする。


△田中将斗・関本大介vs日高郁人・フジタjrハヤト△
試合の大半がハヤトを追い詰める展開。
中盤、田中と日高をきちんとリフトしてからの眉山で投げる関本、やっぱおもしれーなー関本。
終盤は力で追い詰めまくる田中関本、単発の反撃でなんとかしのいでいく日高ハヤトの攻防。
田中関本日高に引っ張られる形でハヤトも結果を残した...と見えた試合
好試合


○大谷晋二郎・曙vs澤 宗紀・佐藤光留
序盤、大谷にU的なグラウンドの攻防を挑む光留。
それに対してプロレス独特のスペースを空けながらのポジションや関節の取り合いで返す大谷。
昔の大谷vsUインターの攻防を思い出す、やはり大谷(と武藤)はこういうところでのセンスがある。

そして曙と軽量の澤光留との攻防で盛り上がる会場。
戦えることが楽しそうににやにうやしながら連打を放つ澤を、曙は絶叫しながらのの張り手一発で吹き飛ばす。
フィニッシュはコーナーとポストで見栄をきる大谷曙が、ミサイルキック(大谷)〜ボディソーセージ(曙)とつないでピン。
好試合

普通に見えてるけど実力差マッチを退屈な試合にしないって大変なこと、しかもメイン。
この位置のレスラーとして澤はやはりすごい。

あと曙。
全日本はあまり見ていないけど、ZERO1を見る限り本当にいいレスラーになった。
体格をいかし、声を出しながら大きい動作の技で相手を追い詰め、終盤では汗だくになって動きが落ちる(笑)
アンドレ以降では誰もいなかった巨体レスラーの教科書のような動きだ。

−−−−−

KNU23以降(笑)の満足度が非常に高い。
今日のメインセミに出た4タッグチームはきっとどこの地方会場でもいい試合を見せると思う。
今日の興行だけでなく、期待以上にいいツアーになるそうな気がする。

興行満足度:85%
客入り:満員



posted by わに at 13:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月06日

2010/12/05 NOAH(武道館)

前回より多少多目の客入り、雰囲気はすこぶる良い。
なんだかんだで武道館両国クラスの会場をここまでファンで埋めるのはスゴイこと。
ここ数回大会場メインで背筋が凍るほどのシバキ合いを見せてる杉浦に今日も期待!


○谷口周平・石森太二vs田上明・志賀賢太郎
ぼけっとしてたら終わってた。
谷口は大日本あたりに修行に行った方が良い気が。
もうメジャーだからインディと関わるのは云々...は通用しないと思うんだよね。


○青木篤志vsデリリアス
いちプヲタの意見だけど。
こういう好カードを武道館の第二試合ではなく、小会場のセミの盛り上がるところで見たいね。
そんな期待どおりのなかなかの試合。
青木はいいツラ構えになってきた。


○佐々木健介・中嶋勝彦・宮原健斗vs齋藤彰俊・井上雅央・リッキーマルビン
今日は一枠でよかった!の健介Office。
決して健介中嶋が悪いわけではなく、良くも悪くもNOAHに溶け込みすぎてて、毎回毎回何のひっかかりも無い第三試合になるのがつまんないだけ。
おとといもそうだけど、良い意味での見世物小屋であるIGFの方が外敵感が出るんだよね、健介中嶋は。
さて相変わらずの何の印象にも残らない試合、宮原に至っては空気。
あ、井上は仕事してたかな。


○モハメドヨネ・平柳玄藩vs潮崎豪・小川良成
NOAH武道館名物、テーマの無いタッグマッチ(テーマあるの?まぁいいや知らなくても)
お、今日は意外にも髪を切られた潮崎の暴走しての反則負け。
この位置の試合ってこういう形で10分以下で極めた方が良い、そういう意味で満足。


○KENTAvs丸藤正道
休憩前で丸KENのシングル、なかなか贅沢。
試合内容はこの二人らしい受ける間を与えない攻防(なのに避けたり受けたりすんだよな、この二人はやっぱレベルが違う)
ただ今回新しいものは盛ってないので、今日の試合は試運転?と思わせてしまうところは損かもね。
期待通りの武道館休憩前を締める好試合。


○鈴木鼓太郎vs金丸義信
やっぱり鼓太郎はデキる子だ。
残念系のレスラーにありがちな技が単発で攻防に見えない、の欠点はあるけど。
しかし今日は流れを作るの上手い金丸相手だったのでうまく補完し合ってた試合。

ツームストンからロックを外さず、そのままブルーデスティニーに持ってくムーブではどよめく観客。
他にも回転エルボー独特の踏み込みとか本家よりも美しいタイガードライバーとか技のセンスはピカイチ、やはり鼓太郎はデキる子。
丸KEN青木になるであろう次からのタイトル戦も結構楽しみ。
好試合


○高山善廣・佐野巧真vsクリスヒーロー・クラウディオカスタニョーリ
大量リストラ後に唯一残ったもっさりレスラー、佐野。
今日もゴム飛びみたいなソバットを連発し、俺の気持ちを萎えさせる。
しかし今日は外人組の素晴らしいこと素晴らしいこと
大型でありながら序盤中盤はまったく高山佐野に試合をさせない。
クラウディオの回転してからの振り向きざまのフロントキックや、クリスヒーローのコーナーtoコーナーのポスト超えのノータッチケプラーダ(!!!)などあの体格での体全体を使った動きに沸く観客。
外様に厳しいノア会場で外人組に大声援、高山のカットではブーイングさえ起きる始末。
そして決着はやっぱり分断してからの高山ジャーマン、観客の多数(?)に落胆の色が走った気が。
試合を99%作ってたのは外人組。
今年見たタッグチームでは葛西沼、ゴールデンラヴァーズに次ぐデキかも外人組。
なかなか。


○杉浦貴vs森嶋猛
最近観戦した武道館では秋山戦潮崎戦と堂々と正面からのシバキ合いを制した杉浦。
今日は正面から受けるとアクシデントさえありそうな森嶋、ここ最近のスタイルの杉浦なら期待大の試合。

さて森嶋、30kg痩せたとはいえ泣きオッパイは相変わらず。
辻よしなりの実況ならど根性ガエルにたとえそうなおっぱい&カエルっ腹。
確かに全体に絞れてるとはいえ、二の腕と太ももが細くなってるのはどーかと、そこは痩せるなと。
オッパイから痩せちゃうんですぅ...とほざいてるグラビアアイドルかっつーの。

森嶋の体格はおいといて、やっぱり期待通りの壮絶な試合。
打ち合いだけでも壮絶なのに、場外/コーナーポストとフランケンシュタイナーを失敗し脳天から突き刺さる杉浦。
コーナーポストの失敗は少しだけ森嶋の体重もノッてしまい、おきあがらない杉浦にちょっと騒然となる場内。

そして後ろ向きにコーナーを登る森嶋、観客の期待通りムーンサルト、そして自爆
しかも上に跳ぶムーンサルトではなく武藤式の軌道の低いもの、しかも自爆
なかなかいいモノを見た。

やはり終盤はラリアット/裏投げ/バスター/バックドロップとこれでもかと攻め立てる森嶋を、腰を入れた張り手/パンチ/蹴りで意識を飛ばそうとさえする杉浦。
最後も顔面にヒザ蹴り/張り手/パンチを集中させた後のオリンピック予選スラムで杉浦。
好試合

試合の決した後も帰ろうとしない観客。(※九段下の帰り道が混む武道館ではメイン決着とともに人が動き出す興行が多い)
杉浦はこの半年、本当の意味で求められるチャンピオンになった。

杉浦:三沢さん小橋さんのいない武道館、皆さんはもの足りないですか?
アナウンサー:(力強い口調で)そんなことを思ってる観客は誰一人いません!
...この言葉どおりいい興行だった。

−−−−−−

いい興行だった。
三沢小橋など看板が抜けたあとのノアはやっと浮上し始めたと思う。
これからのノアは面白いかも...と思わせる興行内容。

これを3年前からやっておけばなぁ、4年前の丸KENメインの武道館の路線のままでよかったのに。


興行満足度:95%
客入り:満員(スタンド4割近く塞いで)


posted by わに at 12:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。