タグクラウド
記事

2011年02月19日

2011/02/18 リアルジャパン(代々木第二)

有難いのはプヲタ仲間かな。
当選者からのご招待での観戦のチャリティ興行。
そして初リアルジャパン


○スーパーライダー・斎藤彰文vsケンドーナカザキ・間下隼人
いまどきインディでも見れないレベルのこなれてない感じが良。
スーパーライダーがライダーキックでフィニッシュするところも。


○タイガーシャーク・ブラックシャドーvs石川雄規・山本裕次郎
これも全然試合になっていないところが良。
痩せててこの面子の中では格落ち感のする山本が中盤に放つ回転しての裏拳が強烈すぎて場内に笑いが起きる始末、しかも二発。
そんなこんなでフィニッシュはこれ以上低かったらマットに額こすりつけるくらいの高さでのその場とびシューテイングスタープレス。
あーやはり飯伏は天才なんだなぁと。


○鈴木みのる・ウルティモドラゴン・スーパータイガーvsアレクサンダー大塚・崔領二・佐藤光留
入場シーンだけで沸く会場。
おーここからが興行本番か(...と思わせるのも昔のプロレスっぽい)
みのるの客も敵も見方も翻弄するプロレスを堪能できる試合。
あとウルティモさんはやっぱり名人だ。
なかなか。


〜休憩
チャリティオークションなのだけど、この時間帯に真っ黄色のロングの皮コートで最前列にどっかと腰を下ろす真樹日佐夫先生
一部客は最前列でふんぞり返る派手な皮コート(襟立て)でオーラ一杯の先生に視線は釘付け。
挨拶に来た和田良覚レフェリーの毛の無い頭を楽しそうに叩いたりしてる。


△長井満也vs関本大介△
レジェンド王座戦。
相変わらずむきむきもこもこの関本に対して、何故か体が絞れてコンディションの良さげな長井。
しかし今の関本をいくらコンディションがいいとはいえ長井がさばけるはずもなく何一つ有効打の無いまま追い詰められる長井。
さらに場外エスケープした長井に肉弾トペを放つ関本。
あーその肉弾トペの先には真樹日佐夫先生が!
手に持っていた飲み物をこぼす先生。
先生の凶器の拳が長井と関本を破壊するかも...と期待したのもつかの間、そのままリングアウト裁定にがっかりする場内。
まあでも大満足の好試合っすよ。
※この写真の右端に先生が見切れています


○初代タイガーマスク・藤波辰爾・長州力vsザグレートサスケ・4代目タイガーマスク・グラン浜田
もちろん入場だけで会場大盛り上がり。
そしてタイガー藤波長州が往年の動きを見せれば大盛り上がりっすよ。
最後は藤波がドラゴンスクリュー〜ドラゴンスリーパー、長州がラリアット、タイガーがダイビングヘッドで(自分のヒザを破壊しながら)浜田をピン。
試合後退場でももみくちゃの三人。

−−−−

いやーいい興行だった。

良い意味で昔ながらのプロレス。
第一第二試合はまったくプロレスになっていない。
我々最近はインディであっても妙にこなれた試合運びの第一第二試合を見させられているが、本来の第一第二試合ってこんなもん。
で、休憩前後でピリッとした試合を見せ、メインは顔だけで締められる面子が締めて終わる。
幸せな興行の形だ

でもそう思わせるのは代々木第二というハレ感も多少残る会場だったからなのかも。
新宿FACEや新木場のようなハレ感には乏しい会場だと、第一第二試合には違和感が残ったかもね。



興行満足度:90%
客入り:70%


posted by わに at 21:37 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月18日

2010/02/17 ZERO1(後楽園)

今年入って観戦してないなー、一月半ぶりでまたZERO1。
今回後楽園ホール狭いバージョン
密集度が高くて雰囲気は悪くないんだけどね。

○崔領ニvs柿沼謙太
柿沼復帰戦。しかし柿沼のピンク基調のコスチュームとマウスピースが若気の至り感いっぱい。
西口プロレスのラブセクシー軍団入りでもするのであろうか、ラブセクシー柿沼か。
※似合ってないということではないけど
まだまだいい時の柿沼にはほど遠いなぁ。復帰戦だし仕方ないべか。


○藤田峰雄・ニックプリモvs不動力也・横山佳和
見所の無い試合。
こういう試合は5分で終わらしてくれねーかなぁ。


○ズッファ・ブッファvs佐藤耕平・植田使徒
外人コンビはいわゆる出オチ。
フィニッシュは痩せてる方の450スプラッシュ、少し高さが足りずあぶなっかしい。
イマイチ。


○日高郁人・藤田ミノル・澤宗紀vs菅原拓也・松井大二郎・ダイアモンドコネリー
もちろん注目は松井。打ち合いに応じる澤日高とはなかなかの攻防。
しかし想像は超えないなぁ。ちょい不満。

やはり総合系の打撃をプロレスにいかすって難しいね。
普通は飛び込んで最小の軌道で急所を狙うわけだし、プロレスのリングで見ると映えない。


○田中将斗vsフジタ“Jr”ハヤト
本来は実質メイン級の試合内容を期待の好マッチメーク。
終盤、コーナーに追い詰めたハヤトが崩れ落ちる田中の鼻っ柱にソバットを打ち込む(アクシデントだろうね)
本当は試合に必要なのは打ち込むことではなくて、その後。
もしKENTAならアクシデント後であっても躊躇せずに蹴り込んで行く、KENTAにあってハヤトに無いのはその部分。
まぁなかなかなんだけど、本当はもっと殺伐とした試合になるべき。


○関本大介vsKAMIKAZE
このブログは世界一KAMIKAZEに対して言及しているブログだと思う。
そんなプヲタに愛されてやまないKAMIKAZEさんが関本のベルトに挑む。

序盤中盤のもっさり攻防を忘れさせる終盤の充実っぷり。
関本のゴッツゴツのラリアットやジャーマンをキックアウトし続けるKAMIKAZE。
時には切り返しでもしや...の場面を作りつつ。
最終的には立てなくなったKAMIKAZEを見下ろす関本。
そして完全な力の差を見せ付けるようなラリアット〜ジャーマンでピン。
好試合

KAMIKAZE相手でも好試合の関本。
今やAWA防衛戦の関本はヨ○でも好試合にできるんではないか、○ネでも。

んでやっぱりKAMIKAZEはマスクマンに戻るべきだ。
現在のプロレス界では大型で、ひとつひとつのワザに見るべきところはあるのに、リズム感の無いファイトスタイルはマスクマンになってこそ活かされるスタイルだと思う。
今ならレジェンドブームだし(なのか?)マスクドスーパースターになるべき。
流星仮面二世として藤波とコブラツイストの攻防でもすれば、中年プヲタが大喜びだ。
是非ご一考を。

※どうでもいいこと
今年の芝増上寺の豆まき。
今をときめくAKBのユニット渡り廊下走り隊7の隣に陣取るKAMIKAZEさん。
さすがわれらがアニキだ。むしろユニット入りしていてもおかしくはない。
B_m.jpg


○大谷晋二郎vs佐藤光留
新日本vsUですよ。
本当に大谷はこの攻防が巧い、序盤のグラウンド攻防では潜り込み密着しようとする光留を、あえてスペースを空けながら動かし、自分からもバックを狙ったり腕足を取ろうとしたりする。
これができるのって何気に武藤と大谷くらい。うなるプヲタ。
ぶっちゃけ試合は大谷がプロレスで光留を圧倒する展開。
光留は攻めれば攻めるほど大谷のプロレスに飲み込まれていく。
プヲタにとってはプロレスの見せ方や強さのひとつのケースとして楽しめる試合。
なかなか


−−−−−

会場の雰囲気込みで面白いんだけどねぇ。
あと第二〜第四試合くらいにまったく緊張感の無い(もしくは振り切ったネタ試合でもない)試合が続くのは勢いの無い団体の証拠なんだろうね。


客入り:95%(※後楽園ホール狭いバージョンなので...)
興行満足度:85%
タグ:ZERO1



posted by わに at 11:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。