タグクラウド
記事

2005年12月02日

2005/12/02 DEEP 22th IMPACT (後楽園ホール)

仕事帰りによった。

もちろん当日券だったけど一番安い席で6500円!(当日500円UP)
もう開始から40分たってるし迷った...けど仕方ない。
グズグズ興行にならないことをいつも以上に祈る。

○ゲガール・ムサシvs栗原強
△梅田恒介vsジェイソン・チェンバース△
遅れて入ったので見てない。

○藤沼弘秀vs関直喜
1R最後の方から観戦。
会場盛り上げっていて両者顔面のみ打ち合ってガードも満足にできない状態。
2Rフィニッシュも普通のKOでなく、関が力尽きて前に崩れ落ち立てなくなる状況。
客入りも良く、今日の興行は期待できそう。

○今成正和vsマイク・ブラウン
1Rと2Rの前半は普通の総合の動き。
「あれ足関は?」と思ったら、2段蹴りフェイントから下に潜り込んで
立ったままの相手を足関節葬。
実質10秒の試合。ビデオでもいっかい見たい。

○前田吉朗vsムアンファーレック・ギャットヴィチアン
ムエタイ相手に大人気ない前田。
テイクダウンを取ってからパウンドの手を緩めず、最後はサッカーボールキック。
倒した時点で試合は決まってた。

○山崎剛vs松下剛士
松下は最近流行の「倒されなくてボクテクの高い選手」に見えた。
対して打撃もできるがテイクダウン狙いの山崎。
最後は倒した山崎が決めたものの拮抗した好試合。
DEEPのマッチメークっぽい。

○佐々木有生vsタカ・クノウ
タカ・クノウ”木村政彦以来、50年ぶりに黒帯柔術家から一本を奪った伝説の男”だって。
しかしその体の作り方はハンパじゃない。ケツから下の肉のつき方は「武道家」のそれだ。
最後はパンチに沈んだものの、ケロッとして控え室に戻る。
手の合う相手ともう一度見たい→タカ

○長谷川秀彦vs中村大介
名勝負の期待できる長谷川に、U−Styleではフランク相手に良い受けを見せた中村。
長谷川がバックをとり長い足で中村の胴をロックする展開が長く続く。
しのいだ中村も良かったが勝ちたかった長谷川が上回った試合。

△滑川康仁vsリー・ジョンホ△
なにげにパウンドの巧いリー。
お互い決め手もなくドロー。

○帯谷信弘vsミルトン・ヴィエイラ
同体重とはいえ身長が頭ひとつ違うんじゃないの?といった両者。
さて2R序盤ヴィエイラのヒザがヒットし倒れた帯谷をスリーパーに捉える展開。
かなりの長時間どう見ても決まりそうなのだが奇跡とも言えるエスケープ。
そのシーンを除いては終始帯谷がスタンド&パウンドで圧倒。
判定とは言え満足な試合内容。
しかし最近の総合は下からの十字狙いはポイントずらしてつぶして鉄槌打ち込むよね。帯谷もウマイ。
軽量級の寝業師はこの戦法にまだ対策が無い。

○今成正和vs前田吉朗
大晦日を前に注目の日本人対決。足関10段vsパンクラス無敗のエース
1R、2R前半と致命傷は無いものの当て勘の良い打撃をあてる前田。
2R途中から(戦法だから仕方無いけど)足狙いタックルから寝転がる今成。
しかし判定狙いなら勝てる前田があえて今成の土俵であるグラウンドに付き合う。
前田に男を見た。
最後は前田が完全に決めた三角締めを外した(ということは”足”がそこにある状況)
今成が完全なアンクルを決め勝利。寝た状態でヒザ下全部捕らえたらそりゃ今成の勝ちだ。
しかしこの試合の勝利者は前田だ。
来年はすぐにリマッチを希望。

20051202.JPG

客入り:満員
満足度:85%
タグ:DEEP



posted by わに at 22:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。