タグクラウド
記事

2008年06月23日

2008/06/23 大日本(後楽園)

○井上勝正・クレイグvs竹田誠志・石川晋也
クレイグ、コスチューム含めて見た目がすっきりしてきた。
対してはベビー側として面構えのよい大日本期待の星、石川。
しかしそんなクレイグ見せ場のダイビングヘッドをズッコケ、鼻から入ってしまう。会場失笑。ダイナマイトキッドへの道まだ遠し。

○大黒坊弁慶・末吉利啓vs谷口裕一・大橋篤
今井退団の余波、お決まりマッチに末吉。
...今井いなくてもそんなに変わらねぇか。

○怨霊・ザグレートサスケvsMEN'Sテイオー・忍
サスケ、今までにないレスラーになったよな。
凝った受けを前提としたベビーのルチャドールというとこか(やっぱワカラン)
いつもながら興行中盤の試合として満点。

○シャドウWX・伊東竜二・マンモス佐々木vsアブドーラ小林・MASADA・星野勘九郎
この面子で楽しみなのはときおり意味無くバイオレンスを見せるMASADA。
最近お気に入りの竹串攻撃(オールドファンには天山の宴会芸のアレ)を伊東に見舞うMASADA。
今日は相手チーム全員格上だしなーと思ったら、途中から標的はパートナーの星野に(おいおい...)
最後も切れまくったMASADAに試合後、通路で助走エルボーを食らう星野。
MASADAは好敵手のいないことを星野で発散してるような。

△真霜拳號vs関本大介△
試合運びと終盤で見せる思い切りのいい受けで持ってる真霜。
でも真霜、プロレスラーとしては正直キライ、関本や崔あたりと同格なのも少しムカツク。
今日も今日とて関本の力の入った序盤攻防から、終盤には技を受けまくりフォール取られない程度に反撃をカマす真霜。
ウマイがスケール感がなく、興行としてのハレ感に乏しい、こういうタイプのレスラーが増えないことを祈る。
あ、試合?100点、腹立つけどね


○葛西純・“黒天使”沼澤邪鬼vs佐々木貴・宮本裕向
葛西復帰戦。
途中タメなしでバルコニーダイブまで見せる葛西。
攻撃とか受けの間とか、やっぱり葛西&佐々木は、アイテムありデスマッチの見せ方として完成している。
そりゃ面白いだろ。
(佐々木絶対王者時代に、葛西と見たかったなぁ)

−−−−−

若手、ユル試合、職人の試合、好タッグ、シングルの純プロレス、完成されたデスマッチ...とパッケージ興行としての完成度が高すぎる。
デスマッチさえ抵抗なければ、初心者が見るには一番いいと思うけどね。

20080623.jpg

興行満足度:95%
客入り:85%
タグ:大日本



posted by わに at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/101814695

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。