タグクラウド
記事

2008年07月13日

2008/07/13 ZERO1-MAX(ディファ有明)

○小笠原和彦vs斎藤謙
ZERO1を語る上では外せないセンセイ
K1-MAXを見慣れた我々観客の目線などはどこ吹く風、古きよき"プロレスvs空手"を忠実に再現。
よい。

○大森隆男・佐藤耕平・KAMIKAZEvs崔領二・日高郁人・高岩竜一
興行にありがち余った6人の試合。
場外乱闘〜リングチラ見〜場外乱闘〜チラ見.....の間に試合が決まって「これこそ呆然の表情です」といった顔で呆然とする大森さんに笑。
こういう表情が見られるのも生観戦の醍醐味。

☆WDBタッグ王者決定戦
○浪口修・Hikaruvs澤宗紀・前村さき
Hikaruに対して格上面をしたり、攻め込まれた前村に追い討ちかけたりとあえて空気の読めない行動をとる浪口。
おー対抗戦以外で初めて光る浪口を見た。
注目は最近びっくりするような試合を連発してるHikaruと前村、今日も男子二人に対して遜色ないどころか上回る動きを見せる
この興行のベストバウト。

☆NWAインターコンチ
〇藤田ミノル・菅原拓也vs大谷晋二郎・石川雄規
期待してた割には普通の試合。
藤田菅原あたりだと石川は手があわないのかね。
う〜ん。

○ミスター雁之助・黒田哲広vs田中将斗・リッキー・フジ
迷彩Tシャツ&ジーンズの昔のハードコアコスチュームの田中、場内ちょっとどよめく。
今日はちょっと黒田の目つきも違う、いやちょっとだけど。
四人の思い込みがあるのか、昔から手があっていたのか意外なほどに好試合に。
...田中ってサンドマン呼んだりとか、自分の興行でこういうFMWマッチ企画したりとか、今カラみづらい金村ともやったりとか面倒見いいんだろうね、かつプロレス的に好試合にする力もあるし(ただ興行的に成功してるかは知らんが)
良。

☆トークショー
まぁまぁ。でもほとんど聞いたことある話なんすよね。

☆特選映像
ZERO1は重ねて重ねての"天丼"好きの団体だということがわかる。

☆キャラクターバトルロイヤル
〇ザ・グレート・オオタニシンジロウvsザ・グレート・フジタミノル
※退場順:ダダンガン,白覆面,テングバロン,Y様,ゼブラマン,カジキ,Men's&工事,高岩,デビルマン,グラサーモンケリー,オジキ,ザ・グレート・フジタミノル
こういうお笑いマッチほど作りこまなきゃいかんと思うがどうかね?
ノープラン過ぎじゃねぇの?
ぷオタ的には「オレならあぁするよなぁー」だけで一晩中酒の肴にできるような困った試合

−−−−−

あのバトルロイヤルはどうかなー。

20080713.jpg

客入り:100%(※ただし南側後列は封鎖)
興行満足度:75%
タグ:ZERO1



posted by わに at 14:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/102993609

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。