タグクラウド
記事

2008年07月13日

2008/07/13 大日本(横浜文体)

あーZERO1と重なっちゃったよ
第一から第三試合見れず、そういうときに限って第三試合は論外大暴れで生観戦の醍醐味ありの試合だったそうな。くそー。

○佐々木貴・宮本裕向vs伊東竜二・木高イサミ
イサミは見せ方考えなきゃなー。
今のままでは攻めすべてに説得力が無く、ときどきヤバい受けのときのみ会場は"負の意味で"沸くのみ。
ジェフハーディっぽい動きを目指してるのか知らんが、あのスタイルってジェフ以外で成功してるヤツ見たこと無いもんな。
結構興味は引くタイプなので今後どうしていくかだけっどね。

○関本 大介・マンモス佐々木vs真霜拳號・円華
円華混じってるので風景の違う試合(悪い意味で)
今日の圧巻シーンはアルゼンチンで真霜を担ぐ関本を、バックドロップで投げきるマンモス。
関本&マンモは今後の防衛線が楽しみではある。

○シャドウWXvs葛西純
激辛スパイシーソースデスマッチ。
デスマッチ試合巧者らしい二人の一進一退の攻防。
危なげない(?)試合運び、そうするとどうしても注目はソースに。
フィニッシュはもちろんソース、血だらけの背中にソースを大量にたらしてのブレーンバスタでWXがピン勝ち。
ピン後、のたうちまわり場外で転げまわる葛西、あっという間に人だかり。
"アイテム一品モノデスマッチ"としては結構面白かったと思う。
(この試合、あんまり評判良くないらしいが)

−−−−−

あれ?シャドウ防衛?
できれば葛西がとって、コントラストの違う佐々木宮本との防衛線が見たかったなぁ。
次からどうすんだろ?

※写真忘れた

客入り:90%
興行満足度:85%


タグ:大日本



posted by わに at 15:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。