タグクラウド
記事

2008年11月26日

2008/11/24 IGF(愛知県体育館)

もう来ないかもネクロ、もうやらないかもIGF
なわけで愛知県だよ。

○金原弘光vs鈴木秀樹
大きいとこは好感が持てる鈴木。
(元U信者のオレからしても)でも、この客層でUスタイルはなぁ。

△浜中和宏vs松井大二郎△
あーぁ、の試合。
しかし浜中太ってるなぁ。
遠めには白パンツがブリーフに見えるちょい肥満児の身体測定だ。
ケツ決めとか展開決めたりとかしてないなら、"それなりの試合運びスキル"か"潰そうというヤル気"が無いと試合にはならない見本。

○タカ・クノウvsアレクサンダー大塚
タカ動き良くなってるけどアレクにも勝つんだ
もうマルコ戦の貯金は無いしアレク暴落っぷりはすごいな。

○澤田敦士vsマリオ・フレンチ
でたぁ!石井慧!
こういうイマイチ期待を外す舞台にあがるところも和製ヒョードルを目指してるのか?
あと、マリオフレンチの動きが予想以上に良い。

○ザ・プレデターvsネクロ・ブッチャー
プレデターのカッチカチの攻めを愉快に受けきるネクロ。
唯一の攻めのシーンのフランケンシュタイナーがぐずってるのもそれも味。
...しかし宮戸体制になって試合内容に規制を受けてる気もする。
それでもこの日一番の満足試合とするのは立派。

○高山善廣vsモンターニャ・シウバ
モンターニュは見せ方を確立しつつある。
振り回す張り手&ヒザが結構絵になるし、フロントキックは説得力十分
高山が相手なんで自由に打ち込むシウバ、圧巻は約2m同士のブレーンバスター。
無駄にひっぱらずジャーマン一発で終わらせるのも良。
好試合

△藤波辰爾vs初代タイガーマスク△
試合慣れしてきたか、最近のタイガーは昔の細かい動きが再現できてきてる
とはいえ重力には逆らえず、飛ぶ高さが全盛期の10分の1。
なので、バネを使って立ち上がる動作なんかとちりまくり。
まぁ辰っつあんも辰っつあんだし。
でも、子供なんかタイガーに声援しまくり、花道なんか押しまくりだし、それはそれでよい光景。
10分という試合時間、ゴングに救われた試合。

○ジョシュ・バーネットvsジョン・アンダーセン
(ボロが出る前に締めたとも言えるが)
アンダーセンもジョシュも動き続けたことで、想像をはるかに超える好試合。

−−−−−

宮戸路線に振り切れてないのか、今回もIGFはカオスっぽい。
とはいえ、派手な場外&流血がないこと、第1&2試合の日本人同士UWF寄りスタイルの???っぷりなど光景が多少変わってきている。
次のネクロの相手は高山でよろしく(いや来れるのか?)

両国のときのような招待臭もちょっと控えめ。
子供連れや中学生同士も多く、会場の雰囲気は悪くない。

20081124.jpg

客入り:70%
興行満足度:80%
タグ:IGF



posted by わに at 18:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。