タグクラウド
記事

2008年12月04日

2008/12/03 ElDorado〜大バラモン展(新木場)

もーだから来たくなかったんだよ!
いつもの同行者から誘われ何の気無しに観戦オッケイした。
興行が迫るにつれ、見たい、怖い、見たい、怖い...やっぱり怖い

−−−−−

・入場時に入り口でビニールに入った虫を渡される。もちろんもそもそ動いてる。メイン終わるまで持ってろだと。
・みんな考えることは一緒でどうやら後ろから席が埋まっているようで直前に手配したら前から3列目。
・興行前フリ担当のオカマちゃんからさんざん『後ろまで飛び散るからカッパ買った方がいい』『あんたらバッカじゃないの』と脅される。
・んで興行開始。バラモン兄弟と"食虫芸人"佐々木孫悟空入場。虫をもそもそ食べながら口から汁を吹く孫悟空

...この時点で虫入りビニール持ったまま筋肉硬直、オレ

○MASADAvs金閣寺三島(棺桶地獄)
まぁコミックマッチだ。
兵隊に扮した青木と大柳。
ヒロシマー、ナガサキーと叫びながらアトミックドロップを放つMASADA。
"アメリカを感じさせるレスラー"としてMASADAは何気にいい人選。
最後は棺桶ではなく樽の中にスパイダージャーマン式に落とされる大柳。
微妙な空気のマイクがあって終了。

○マサ高梨vsCHANGOvs佐々木大輔(犬地獄)
要するに3wayのチェーンデスマッチ、普通のチェーンと違うのは腕でなく3人が首輪でつながれているコト。
戦ってる二人をよそに勝手にエプロン越しに首吊り状態になる高梨など、特有の見せ場もあり、何気に好試合。
最後はチェーンごと絡めたスモールパッケージで高梨が二人からピン。
作りこめばかなりの好試合になりそうな予感。

○KEN45゜・南野タケシ・卍丸vs清水基嗣・佐藤悠己・ヤマダマンポンド
ハードコア戦。
注目は初見のヤマダマンポンド、新人とは思えない受けの良さがハードコア戦向き。
ElDoradoのハードコア戦ということでそんなに期待してなかったんだけど、想像をはるかに超える好試合。
いつもは退屈な清水も光った。特に最後の椅子上での受け身は壮絶。
最後には佐藤きゅんまでステープラー受けてるよ。
好試合。
...ただちょっとステープラー乱発気味な気も。先行と仕返しの2発でいいんじゃね。

○ベアー福田・豪vsKAGETORA・沖本摩幸
普通の試合。
福田とKAGETORAはいいんだけど、豪と沖本がねぇ....。
まぁ今回興行の質から難しい試合だとは思うけど。

○バラモンシュウ・バラモンケイ(バラモン兄弟)vsツトムオースギ・ヘラクレス千賀(SOS)
...すみません、3列目は耐えられません。後ろに移動します。
次々と運びこまれる凶器。乾燥麻薬25Kg(うそだろうけど)、蛆虫、ザリガニ、内臓、豚頭...。
試合中に悪臭がひどくなるとのことで全開になるガレージ側。
セコンドで虫を食べ続け、汁を出す孫悟空。
試合開始。
蛆虫を掴み投げようとする千賀に、カウンターの蹴りをあわせるバラモン。西側客席にぶちまけられる蛆虫。阿鼻叫喚の西側客席。しかもここで天丼、連続3回同じことなんかしてみる二人。
すでに客の2割くらいはガレージ側から外に出て、外から観戦。
試合が進むにつれリング上には大量のザリガニと蛆虫。生きているのはひょこひょこ動いているのがわかる、なんか逃げてるように見えるのがこれまた不思議。
そんなザリガニと蛆虫の上で本当に躊躇なく攻め、そして受身を取り続ける四人。
個人的なツボは左で相手の頭、右で豚頭を抱えてのブルドッキングヘッドロック。
その豚頭にはナニの意味が?
内臓で首を絞めたりと戦ってる当人同士にトラウマになりそうな攻防が続く、なんと20分越えの熱戦
最後はバラモンが取るもののそんなことはもうどうでもいい。
やりきった4人、そして見続けた観客に拍手だ。

ーーーーー

久しぶりに観戦後に黙って自分の考えに浸りたくなる興行だった。
面白いかと問われれば面白い、でももう一回見に行くかというと迷う。

もちろん観客席にも虫は飛び散ってるわけで、最前列で見続ける剛のものもちらほら。観戦終わって普通にハンカチで拭いてるよ、オマエにとっては雨上がりかよ。

20081203A.jpg
※入場時に渡された虫さんと今日のチケット

20081203B.jpg

興行満足度:100%(印象に残るという意味では満点)
客入り:満員

DVD 大バラモン展 2008.12.3 新木場1stRING

DVD 大バラモン展 2008.12.3 新木場1stRING

価格:3,000円(税込、送料別)




posted by わに at 11:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。