タグクラウド
記事

2009年05月05日

2009/05/04 アイスリボン(板橋)

アイスリボン上期のビッグマッチ板橋グリーンホール
予期せずチャンピオンになった(?)さくらの心中やいかに

○志田光vs都宮ちい
才能だけであれば間違いなく女子プロレス界を背負えるエース候補とも言える志田。
1〜2年打ち込めば松尾永遠の次も狙えると思うんだけどね。
あんまやる気ないんかなぁ、もったいない。

○聖菜vsみなみ飛香
つくりこんだ試合、プオタもうなる技がふたつ
みなみのひねりを加えて高さもあり、ブリッジの異常に効いたブロックバスターホールド
聖菜のフィニッシュの背中から十字に飛びついてからの丸め込み技。
まぁ"戦い"は無いので技の品評会になるのはいかんとも

○しもうま和美・赤城はるなvs藤本つかさ・松本都
出た!女子プロレス界のエース!都!
ゴング前握手後、さすがエース様は藤本を置いてコーナーに引っ込む。
そりゃエース、序盤からエネルギーなんか使ってらんないよね。
試合中盤、得意のふざけた、いや美しい舞からのプレスをヒザ立て剣山で返されるエース。
しかし、これで終わらないのがプロレス界の至宝たるゆえん。
それから藤本に監獄固めを決めさせた上で、さらにふざけたいや美しい舞を弧を描くように長尺で4分の3周、プレスを決める。
ユルイ失笑に包まれる会場。
へちゃへちゃしたやられっぷりといい、この三ヶ月ですっかりキャラ確立したエース。すんばらしい。
最後はきびしいバスター2発でしもうまが藤本からとる。
お、2発もでかい受身を取る藤本、やっぱ成長してんだな。
そしてピンを取られた藤本を制裁するエース、そりゃそうっすよね、ヘタレはヤツっすね。
...でもエース、靴が汚い....

○CHANGO・佐藤悠己vsリボン高梨・梶原慧
ちょっと佐藤きゅんの見せ場が少なかったのが残念。
そして試合後の梶原のマイクがさらに残念。
あと久しぶりに見る高梨の髪型もちょっと残念。
でもやっぱり狭い会場で見る男子の試合は迫力あるなぁ

○堀田祐美子vs星ハム子
ファン上がりのハム子に対して本当に何もさせない堀田。
ほとんど受け身を取ることなく場外をひきづり回し、リングに戻って張り手一発でピン。
最後のマイクで会場の温度を3度下げるような「お前ファンあがりだよなぁ?ふ〜ん...で?」マイクをカマす堀田。
堀田目線ではハム子なんかはレスラーでは無いだろね。
プオタとしてはちょっと語りたくなるタイプの試合。

○市来貴代子vs真琴
今日は派手さ抑え目コスチュームの市来
しかし正調ヤクザキックはいつもどおり、序盤から口を切る真琴。
今日はそれほど真琴の攻めもさえず(ちょっとグズッたが)コーナー最上段からの延髄ダブルニーで決着。
市来防衛し続けんのかぁ。
ベルトを巡るシナリオできづらいし、いいのか?これで?

○米山香織・さくらえみvs牧場みのり・石野由加莉
よく大昔にテレビで見たタイプの女子プロレスの試合。
全てに勝る格上チームが若いチームを全ての面で追い込み、気迫で押そうとする若手の攻めが随所にあるものの単発で、最後まで試合をリードしたまま格上タッグが勝つ試合。
そして今日のさくらはやる気。
フィニッシュはさくらの450°スプラッシュ、フォームも完璧。
すごいすごい、こんな引き出しもあることにびっくり。
アクシデントの結果かもしれんが、今日の試合運び見る限りはチャンピオンでもおかしくはない。
好試合

−−−−−−

すばらしい興行バランス。
"ある意味"観戦に踏み切るのは勇気がいるが、プオタ目線で見ても非常に満足できる興行内容。
それと新日本はミスティコ来日中止なら棚橋の相手は森嶋ではなくりほを呼ぶべきだったね(1割ほど本気で)

※写真禁止

客入り:超満員
興行満足度:95%



posted by わに at 10:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。