タグクラウド
記事

2009年06月15日

2009/06/14 新日本(後楽園)

三沢光晴さんの訃報で何かしら気持ちの整理のつかないなかでの観戦。
試合展開によっては周りの目も関係なく号泣しそうな予感。

今回後楽園はかなりチケ手配に難儀した。
2週間前でe+やちけぴなどは全滅。
人数分手配するのに後楽園ホールと闘魂ショップをハシゴっすよ。
もちろん立ち見2列の超満員。
しかもカードは発表前から期待していた飯伏vsデヴィッド
超大期待興行。

IWGP調印式
棚橋:「元カノを取り戻します!」
中西:「これはワイの女房や」
...棚橋やられた顔で苦笑。ヨイ調印式だったと思う。

黙祷

○菊地毅vs吉橋伸雄
超世代軍すよ。
見るほうの視点としてはエルボーにいつも以上に気がノッてたような

○タイチvs田口隆祐
ゴング後、タイチの握手の要求に応え握手する田口
セコンドのミラノの握手の要求にも応える田口
だがミラノそのまま手を離さずコーナーに固定される田口。
そしてキレイにタイチのトラースキック〜丸め込みで1分でピン。
そのままIWGPJr次期挑戦者決定戦を要求するるミラノ&タイチ
応じる田口
...同行者と話したんだけどちょっと前まで新日本の会場ってこういう戦いを見せない試合には少なからずブーイングする客いたよね、それが皆無だったのが意外。
オレは普通に楽しめるけど

○金本浩二vs青木篤志
この会場中があの訃報を知っている中、新日本のJrの象徴の一人金本に対峙するノア期待の青木。
ここ数ヶ月で青木はなかなかのツラ構えになった。
んで大技での組み立てを行わないところも好感が持てる。
ただ試合はシバいて極める金本が脱出不可能な形でアンクルを極めてのレフェリーストップ。
力の入るこの二人らしい好試合。

○プリンス・デヴィットvs飯伏幸太
超大大大期待試合
チケット手配時点からこの組み合わせになることを祈った試合。
派手なだけでなくキレキレの飛び技で、Jrでしか出せない狂気がにじみ出る試合ができる二人。
序盤飯伏のスワンダイブ式の鉄柵越えケプラーダなんかは尋常じゃ無い高さ。
飯伏でしかできないフォームで満員の西側客席にキレイに落ちていく。
キリモミ式その場飛びムーンサルト、ムーンサルトムーンサルトなど飯伏にとっての定番ムーブもこの大舞台できっちり極める。
終盤、距離高さフォームも100点のフェニックススプラッシュをかわされてからはデヴィッドのペース。
プリンスズスロウン(放り投げてのヒザ立て剣山)をカウント2で返され、最後は変形プリンスズスロウン(ファイアマンズキャリーから相手を捻りを加えて放り投げてのヒザ立て剣山)
受けのとりようのないフィニッシュ、説得力抜群、マンガみてぇな技(良い意味で)
100点
しばらく歩けずリングに残っていた飯伏に満員の観客の飯伏コール。
いやぁいいもの見た

○タイガーマスク・獣神サンダーライガー・AKIRAvsブラックタイガー・邪道・YAMATO
四虎のマスクに手をかける黒虎
試合そっちのけで黒虎を追い回す四虎
試合は場外乱闘してる間によくわからんが決まってた。
その後もまだ乱闘する四虎と黒虎
乱闘をとめるつもりが四虎とモメ出すライガー。
最後は仲間どおしがモメ出す、酔っ払いグループどおしの喧嘩かよ
かなりの長尺の乱闘劇に「ちょっと長いよ」のヤジ(笑)
あ、あと最近ライガーの中身はヴィッキー・ゲレロかもしれないと思い始めた。

○中邑真輔・矢野通・飯塚高史・石井智宏・“ザ・マシンガン”カールアンダーソン
vs天山広吉・井上亘・ミラノコレクションAT・真壁刀義・本間朋晃
矢野真壁、飯塚天山、石井井上、元GBHvs現GBHなど対立軸の豊富な10人タッグ。
それぞれの敵対相手にリング内で場外でやりあう。
んで注目はヒールターンの中邑。
会場の指示は低いものの、この中邑のへらへら省力ファイトのヒールスタイル、オレは嫌いではない
むしろ時々出すワザのキレへの注目が増すので、今の中邑向きかと思うけど。
あと、リングインした瞬間に会場中をこの試合終わり?の空気とさせるある意味神レスラー、本間。
一発の大技後のキックアウトでプチ盛り上がりする会場(笑)
最後はここだけは相変わらずな中邑のスラム系大技ラッシュでピン
それはやってほしくないんだけどなー、中邑。
最後の矢野→真壁の「挑戦受けてやるよぉー」のマイクもハマった
好試合

○中西学・永田裕志・平澤光秀vs棚橋弘至・後藤洋央紀・岡田かずちか
岡田が結構いい感じ、そして伸び悩む平澤
試合後、花道で棚橋をかかえて仁王立ちする中西↓
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/photo/200906/20090615050.html
興行の流れを止めないいい試合。

○金本浩二vsプリンス・デヴィット
ここまできたらデヴィットの優勝を期待するオレ
立ちはだかるボスキャラのような金本
序盤、デビットの高速ノータッチトペを2発もスカす金本、そしてオレはご立腹。
そしてデヴィットのこれまたマンガのような鉄柵越えの蹴り↓
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/photo/200906/20090615006.html
攻防があったのち最後は裏足四の字+アンクルのような、これまた脱出不能の変形アンクルでタップアウト。
面白かったけどデヴィット負けたのが残念...

−−−−−

まったく遊び試合のない超満足興行。
しかもこれだけ盛って休憩挟んでも2時間半、んで後楽園ホール。
いやすばらしかった。

青木が優勝するかも...と思ったオレは浅はかだった。
黙祷もしたし選手は喪章つけてたけど、それとは関係なく好試合連発に沸く会場。
あの事件を感じさせないすばらしい興行だった。
事件を興行に持ち込むことをせずに興行をキチンとやったところにプライドを感じたっすよ。
多少なりとも持ち込むことを予想したオレが恥ずかしい。

今の新日本は同時に抗争軸を立てるのも上手くいってるし見て損はしないね。

20090614.jpg

興行満足度:95%
客入り:超満員
タグ:新日本



posted by わに at 15:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/121537609

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。