タグクラウド
記事

2009年06月20日

2009/06/19 みちのく(後楽園)

安チケ入手しての観戦

−気仙沼次郎ステージ

−追悼セレモニー
テッドタナベさんと三沢光晴さんに捧げる黙祷

○ken45°vs剣舞
良くなったなぁKen
ElDorado時代しかみてなかったけどそこからは大進歩
第1試合としちゃ満点じゃないすか

○ヤッペーマン1号・ヤッペーマン2号・ウルティモドラゴン
vs大柳錦也・日向寺塁・梶原慧
清々しささえ漂う天晴れなパクりぶりのヤッペーマン、サプライズゲストとしてウルティモ。
そしてウルティモ後楽園にはつきもの、コーナー近くの良席には軽く酔っっらってる楽太郎師匠。
さて試合。
プヲタとしては怪我後のウルティモの戦い方って興味あるんすよね。
右腕だけでそれを感じさせずに試合成立させてんじゃないすか。
すごいなー、ウルティモ

○気仙沼二郎・TAKAみちのく・MEN’Sテイオー
vs南野タケシ・大間まぐ狼・ラッセ
個人的には苦手、メンテー。
あとこういう省力カードでのTAKAも好きじゃない
(TAKAは気合入ったシングルとか、バカでかい外人連れた試合とかはいいけど)
そんなわけでせっかく最近は充実している九龍の良さがイマひとつ生かされない試合。
こういう好調ヒールにレジェンドあてるのはまずいよね。
今の新日本でレジェンド引っ込ませてるのはある意味正解。
試合は回ってたけど"うーん"な試合

○新崎人生・ディック東郷・タイガーマスクvs野橋真実・佐藤秀・佐藤恵
メンテーTAKAと比べて、省力カードでも動きが良い人生と東郷。
個人的な好き嫌いもあるけどなんだろね。
序盤たてつく野橋をノド輪に捕らえ睨みつけながら腕一本で場外へ押し出す人生。
やっぱプロレスでの"格"ってこういう見せ方すべきだよなー。
タイガー?見てる?
試合を通じて攻めこまれる野橋、そして今日はほとんど戦力外の佐藤兄弟(いや佐藤兄弟は一皮向けてから、こんな試合も味になってる)
で、戦力外どころか蚊帳の外!タイガー!
(一人は視界に入らなかったけど)好試合。

○フジタ“Jr”ハヤトvsザグレートサスケ
現時点の格闘スタイルレスラーとして唯一断トツのハヤト。
鳥類系の体つきと目つき顔つきが、やはり他レスラーとは違ってる。
対して生ける"レスラー"ことサスケ
後楽園うってつけの好マッチメーク
これが期待を裏切らない好試合。
ハヤトの格闘とサスケのプロレスで一進一退の攻防。
このスタイル同士で噛みあった試合にできるところがすばらしい。
30分間、遊びなし、まったく退屈せず。
フィニッシュとなったヒザも完全な説得力
100点
すんばらしい。


−試合後
サスケのあと、マイクを取る人生
「ハヤト、お前にはライバルがいない、それを連れてきた!」
誰?瞬時にオレの中では...
(松コース)KENTA
(竹コース)中嶋勝彦
(梅コース)真霜とかその他大勢
出てきたのは拳王。会場から「だれ〜?」の声。
すんません、オレも知りません。

−−−−

会場の雰囲気がすこぶる良い
試合内容も興行の流れも良い
ただ最近はキャラ立ちしてる九龍の良さが今日は無かったね。
仕方ないけどメンテーTAKA今更推してもなぁ。

20090619.jpg

興行満足度:95%
客入り:90%
タグ:みちのく



posted by わに at 10:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。