タグクラウド
記事

2009年09月22日

2009/09/21 アイスリボン(板橋)

うわっ超満員立ち見まで出てるよ。

○聖菜・みなみ飛香vs志田光・藤本つかさ
この試合を最後に受験に専念するため休養する聖菜
志田がヤル気が出たのか一時のスランプを脱したように試合に溶け込んでる。
最後は聖菜らしい丸め込み合戦を制してのピン
なかなか

○しもうま和美vs藤野恵美
格闘技戦スタイルって難しいと思うんすよね。
ところがこれがしもうまが引っ張って好試合。
圧巻は頭頂部ををつかってのアゴ砕きからの正面頭突き。
これでKOでもおかしくない衝撃度。
格闘技戦スタイルとしては出来すぎの試合。
今日のMVPはしもうまで。

○ボリショイキッド・都宮ちぃvs赤城はるな・星ハム子
ボリショイさんボリショイさんと叫ぶように声だしするちぃ。
意外にこういう声だしって試合のリズム作ったりできるんすよね、
特に女子プロレスの場合。
なかなか

○松本都vsデスワーム
休憩前の試合でシングル戦、しかも相手はデスワームっすよ。
本当にアイスリボン、いや女子プロレス界からも注目をあびる都。
控え室から今日の興行には関係ないレスラーや関係者も花道でこの試合を見に出てきている。
さてデスワームさん、K1参戦を目標にアイドルタッグを抜け出したらしい。
んでその制裁マッチの意味合いもあるんだって(...制裁って)
アップライトに構え小気味よいパンチを出すデスワーム、
対抗しアップライトに構え相手を睨み付けるエースさん、この時点ですでに「笑かすオーラ」が噴出してる。
その後もデスワームのキックパンチに手を焼くものの、いつものマンマミーヤなどの効果のほどが不明なムーブで、徐々にペースをつかむエースさん。
最後はかっちり足をとらえての回転エビでピン勝ちするエースさん。
なんなんだ?アッチ側の試合なのに、この完成度は

○真琴vs市井舞
やっぱりスターオーラはあるんすね、市井。
試合数重ねればもっと良くなっていくであろうけど、
いまのアイスリボンの完成しかけた興行スタイルに馴染んでいくかはちょっと疑問。
その市井を相手にタイトル戦らしい正面切ったプロレスで王座防衛する真琴。
初めて見たときは(本人の意識とは別で)失笑で客を満足させていた真琴だったんだけど、
やっぱ試合数多いし成長してるんすよね、あとタッパがあって表現の幅も広いし。
好試合。

○さくらえみ・米山香織vs高橋奈苗・牧場みのり
さくら米山奈苗の文句のつけようの無い試合運び、
そして3人に引っ張られるように気持ちが動きにでるみのり。
この興行を締めるにふさわしい好試合。

...で興行締まったと思ったら唐突に全選手参加のバトルロイヤル開始
全選手が持ち味を少しづつだしなんというかカーテンコールっぽい試合。
コーナーで体育座りして状況を見守るりほ、そのたたずまいはまんま小学生。
最後はまっとうに団体エースの座をつかみつつある藤本が優勝。

観客は歓迎してたけど、個人的には最後のバトルロイヤルいらなくね?って思った。

−−−−−

この会場レベルなら文句のつけようの無い興行。
後楽園を終えて選手のモチベーションの高さが感じてとれる。
すべての選手が出すぎた自己主張することなく役割をこなし、
全試合遊びの時間はなく、非常に短く感じた興行。

次のドラゲーになるのは意外にアイスリボンかもしれない(なんてな)

※写真撮影禁止

興行満足度:95%
客入り;超満員



posted by わに at 14:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。