タグクラウド
記事

2009年11月21日

2009/11/20 大日本(後楽園)

久しぶりの大日本
もちろん葛西伊東目当て。
この試合がコケるようだと90年代から続く和物デスマッチスタイルの最終回になるような気持ちさえする。

会場は超満員バルコニーや南側立ち見まで入ってる。
「YFCは今日は入れません」の張り紙も入り口にあったのでほぼ全て実券と思われ。
会場の雰囲気からも期待大興行

○忍・塚本拓海vs神威・橋本和樹
会場の温度を下げもせず温めもしないくらいの第一試合、感想なし。
若手の修練の場だと思うので特になんとも

○菊タロー・谷口裕一vs大黒坊弁慶・大橋篤
相変わらずの谷口くん弁慶さんの枠。
会場をぬるくあっためるには良。

○大石真翔・ツトムオースギvs怨霊・正岡大介
大石に腕を怪我させられたメンテーは特別レフェリー。
んー、学生プロレスの延長臭がしてちょっとなぁ。

○MASADAvs星野勘九郎
MASADAが執拗に星野を凹る試合形式がちょっと仲間内で評判の試合。
いつもこの位置だけど、本当はレスラーとしての充実度が半端無いMASADA。
"強さ"を感じさせるレスラーとしては現在の日本マット屈指だと思うんだけどね、もったいない。
そして試合。
あぁやっぱり必要以上に凹られる星野。
コーナーで、有刺鉄線を巻きつけた椅子の座る部分を顔に押し付けられ、その上からのパンチ連打。
どう受けても顔全体が無造作に切れないか、コレ?
フィニッシュもジャンピングパイルドライバー・オン・ザ・チェアーの容赦ないもの。
プヲタをしても「あれ?やっていいの?」という技。
いやー、これはアガるわ。

○佐々木貴・シャドウWX・アブドーラ小林vs宮本裕向・竹田誠志・木高イサミ
竹田はいいなぁ、しっかりしたアマレスベースのデスマッチファイターとして素晴らしいね。
デスマッチとはいえ、低い姿勢からのタックルやかつぎとか説得力があってよろし。
んで個人的にイサミは苦手、デスマッチファイター以前にレスラーとしえ何か受け入れられないものがある。
蛍光灯戦なんだけど、今日はメインへの期待が大きすぎてなんとなく集中できなかった試合。

○佐々木義人・石川晋也・河上隆一vs関本大介・岡林裕二・“黒天使”沼澤邪鬼
関本を追うように、このタイプのレスラーも充実してきた大日本。
大日本はこのスタイルの試合でもメジャーの満足度を超えかけてる。
(このスタイルの試合が多いことがプロレスを面白く無くした一因だとも思うんで、全部これだと困るけど)
最後の石川のエルボー連打からのランニングエルボーはものすごい説得力。
体全体を使い、気持ちののった技表現として最高。
好試合
...あと邪鬼は無理して試合組まなくてもよかったような。
ここに入る意味はゼロどころかマイナスだと思うけどね。

○葛西純vs伊東竜二
大期待の試合。入場から出来上がる会場。
カミソリボードの攻防とかあった後、試合が動く中盤。
椅子で伊東をメッタ打ちにする葛西、
対する伊東は葛西の頭をなんども剃刀ボードに打ち付ける。
圧巻はエプロンからタメなしで放つ場外への高速ブレンバスターで伊東の動きをとめ、
花道テーブル上に伊東を据付け、バルコニーからのスプラッシュ!
終盤、もの足りないとばかりにサボテンwith有刺鉄線や画鋲も持ち出す伊東。
もうこのあたりでは会場沸きっぱなし、キックアウトのたびに床が踏み鳴らされる。
伊東のフィニッシュでもある蛍光灯束へのドラゴンスプラッシュでも勝負はつかず、最後はサボテン上に顔から落とす形のリバースタイガードライバーでピン。
観客総立ち
文句のつけようの無い試合。
100点

−−−−−−

最近の佐々木宮本あたりの蛍光灯戦とは違った、
試合展開でも見せられる正統派日本流デスマッチの完成系ともいえる試合。

花道脇で観戦してた友人によると試合中アブ小泣いてたらしいすよ。
きっと葛西とか伊東とか無理してんだろうなぁ。

200911202136000.jpg

客入り:超満員
興行満足度:100%

タグ:大日本



posted by わに at 13:46 | Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

「大日本プロレス・後楽園大会(11/20)」観戦記(前編)
Excerpt:  大会が終わってまず思ったのは、それこそ言葉に出来ないぐらいの驚嘆とか畏怖や、何か例えようのない込み上げるものを感じた事でした。何...
Weblog: Ali della liberta (in Stadio)
Tracked: 2009-11-24 18:55

「大日本プロレス・後楽園大会(11/20)」観戦記(後編)
Excerpt:  さて、前編からの続きで、いよいよメインイベント。否が応でも「6年越しの一戦」に向けて盛り上がります。 <メーンイベント カミソリ十...
Weblog: Ali della liberta (in Stadio)
Tracked: 2009-11-24 18:56
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。