タグクラウド
記事

2009年11月30日

2009/11/29 ZERO1(後楽園)

今年の天下一Jrはゲストメンバがなかなかで期待値の高い興行。
客入りはまぁまぁ(満員になってほしいところだけど)
やはりここはデヴィッド期待で。

○プリンス・デヴィットvs菅原拓也
序盤から攻める菅原、開始直後トペまで放つサービスっぷり。
しかしプヲタはこれを見て「あー菅原一回戦負けかぁ」を直感する。
デビ特有の特に派手な動きを見せることなく、フットスタンプでピン。
デビッドは三試合あると勝手にふんでるんでこれでいいか。

○サンジェイダットvs藤田ミノル
菅原同様、今日はカマせ臭ぷんぷんの藤田。
サンジェイのムーンサルトフットスタンプでピン。
あれは痛いよなー。

○フジタ“Jr.”ハヤトvs大原はじめ
蹴り主体の攻めだけでなく、受けの表情が素晴らしいハヤト
対する大原、東側雛壇の半分を占めるほどのサインボード持込みの大応援団。
これが力の限り応援してて会場の雰囲気を支配する。
そしてノリノリの大原、こずるいルチャドールっぽい動きでハヤトを翻弄する。
序盤中盤と蹴りの反撃を最小限に抑える攻防も良。
そしてきちんと会場を盛り上げ、最後は力負け&相手のフィニッシュホールドをくらう大原。
好試合

○日高郁人vsマグニチュード岸和田
一発一発の技できちんと客を沸かせる岸和田、やっぱ上手いなぁ。
もちろん日高の受けがあってのことだけど。
もうだめかもを最後まで演出しながらラストライドを返して丸め込む日高。
なかなか。

○プリンス・デヴィットvsサンジェイ・ダット
期待のカード
序盤の技の読みあいなんか(よく他のレスラーもやる最後ドロップキック相打ちで終わるアレ)体のキレが半端ないのでタメ息もの。
しかし...その後は期待ほどでもなく。
ちょっと体の流れたプリンスズスロウワンでピン。
もったいない...

○日高郁人vsフジタ“Jr.”ハヤト
二人らしい蹴りと一点攻めを中心とした試合。
蹴りのフォームはきれいなんだけど、張り手〜ロー〜ソバット〜ハイのコンビネーションの乱発はちょっと。
盛り上がった試合、だけどここまでテイストの似た試合が多すぎて..

○田中将斗・佐藤耕平・KAMIKAZE・植田使徒vs大谷晋二郎・崔領二・柿沼謙太・澤宗紀
まぁチーム攻撃あり、カットの攻防ありの見慣れた多人数タッグ。
最後びっくりKAMIKAZEがピン。
しかも川田の世界ヘビー挑戦を宣言。
ZERO1も思い切ったことをする。
磐石の試合運びの川田を困らせる作戦か?

○日高郁人vsプリンス・デヴィット
ここまで消化不良のデビット、最後くらい新日本での飯伏戦で見せたようなハジケっぷりを期待。
期待したもののオレの中のデビッドの高いハードルを越える試合にはならず。
まぁまぁなんだけどね。

−−−−−

序盤〜中盤〜後半の使い方の似た試合が多いんでツライ。
やっぱシングルトーナメントをほぼ1日でやるのって無理なくね?
三試合シングルで見せ場を作るって大変でしょ?参加選手も似たタイプ多いし。
その点、相手にも恵まれたとはいえ、全てそこそこの試合をやった日高は立派。
(レスラーとしてはそんなに好きじゃないけど)

そんな中、この日一番の試合はフジタvs大原。
あとは日高vs岸和田。

200911292039000.jpg

興行満足度:75%
客入り:80%
タグ:ZERO1



posted by わに at 17:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。