タグクラウド
記事

2006年02月27日

2006/02/26 PRIDE31(たまアリ)

狭いバージョンのたまアリ。
空席もちらっと。今回マッチメークでは仕方ないけどこういうときにこそ名勝負あり(※)
もちろん今日も...
(※)高山vsフライ、ヒョードルvs藤田とかね。

−−−−−−

○ローマン・ゼンツォフvsペドロ・ヒーゾ
ワンパン秒殺KO。
なんでやねんヒーゾ。

○クイントン・“ランペイジ”・ジャクソンvsユン・ドンシク
「マッド・ドッグ」vs「イヌを食する民族」
好試合。ユンも予想以上に粘った。でもあの腕十字返されるようだとキビシイ。

○ファブリシオ・ヴェウドゥムvsユノラフ・エイネモ
VTルールでの実戦の差がでた試合。
エイネモは次に期待。

○高阪剛vsマリオ・スペーヒー
両者ともに負けられない試合。けど、高阪が気持ちで遥かに上回ってた試合。
やっぱり大阪にも行こう。

○アリスター・オーフレイムvsセルゲイ・ハリトーノフ
序盤から横四方のアリスタ。
そこから、え?なんで?返さないの?.....
そのままヒザと鉄槌を浴び続けるハリトーノフ。
...脱臼かぁ。大阪で再戦を。

○ジョシュ・バーネットvs中村和裕
ひとつに秀でているタイプではなく、べらぼうに総合力が高い両者。
...ということは体重差がストレートに出てしまう。そんなジョシュ完封勝ち。

○アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラvs田村潔司
生粋のU信者なのでコメントできません。迷走してるなぁ田村

○マーク・コールマンvsマウリシオ・ショーグン
あ〜ぁ。
これも大阪で再戦でよろしく。

○マーク・ハントvs西島 洋介
今年のベストバウト候補
オレを含め会場の3割はギャラに引かれた元ボクサーとした見方をしてたはずだ。
西島にあやまりたい。
ヒザやローをもらい、あげくマウントをとられてもまったく折れず、全身で返そうとする西島。
またスタンドで何度もハントを棒立ちにし追い込むサマは本当に涙が出た。
ボクシングを信じ立ち向かう姿には本当に涙が出た(佐竹は空手を信じてたか?)
ラウンドが終わるたびに放心、KO決着後の花火では涙が噴き出した。
2Rからはヒザ/ロー/テイクダウンを抑えて打ち合ったハントも極良。

また翌日のFAXコメントも泣かせる。

 PRIDEに出していただいたすべての方々に感謝いたします。
 昨晩はくやしくて眠れませんでした。
 結果が出るまで頑張り続けます。

 2月27日 西島洋介


ただ西島の次の相手には悩まされる。手があいそうなのはシウバくらいだろうなぁ...。

−−−−−

ランペイジ/ハリトーノフ/ショーグンと強さを期待される3人が期待はずれに終わり、高阪/西島が光った。

20060226.jpg

興行満足度:90%(西島無しなら75%)
客入り:95%
タグ:PRIDE



posted by わに at 07:58 | Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ネタバレ注意! PRIDE31生観戦記
Excerpt: 10時から「武士道其の拾」電話予約をして、万全の体制で会場に向かいましたがあいにくの雨!最後までテンションが上がりきらないままの来場となってしまいました。 それでも会場は一部閉鎖されているものの、ア..
Weblog: MMA The Orange
Tracked: 2006-02-27 11:47

『PRIDE.31〜Dreamers〜』
Excerpt: 22時から近くの店でPPV購入して視聴。■第1試合【1R25秒KO】×ペドロ・ヒーゾVS○ローマン・ゼンツォフ不用意に放ったペドロのローキックに左のフックを合わせてKO勝利。■第2試合【3R判定】○ク..
Weblog: THEMONINBAR
Tracked: 2006-02-27 23:33
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。