タグクラウド
記事

2010年05月01日

2010/04/30 ハッスル(後楽園)

坂田亘審判の日。
客の入り方からみるに、最前列の席(高い席)と南側入場口以降(安い席)にファンが集中する正しいチケットの売れ方。
そして最後に埋まる南側入場口以前がガラガラ。
まぁでもファンがついてる興業なんで会場の雰囲気は悪くない。

〜試合前のやりとり
山口と坂田に噛み付く黒の中村カントク。
中村カントクのカツゼツが異常に良い。

○ナットーマン・ザ・グレートvsロボットマン
会場真っ白の試合。
ロボットのネタやりきった時点で試合終わればいーのに、ぐずぐず伸ばしてがっかりな試合に。
プヲタ仲間も「あまりの酷さに自分が声だして救えないかと一生懸命考えた」と、好意を持ってみているファンをどきどきさせるような試合。
サスケのマイペース加減が悪い方に出た試合。

○アイアム℃・アーモン℃・ジャイアン℃vs長州か・ザピラニアンモンスター・猛毒コブラ男爵
℃軍、崔と耕平であることはバレバレ。
まぁいわゆる初っきりプロレス

○越中詩郎・大谷晋二郎vsLOCO・MOCO
ガイジンが期待以上に動きがいい。
相手も大谷越中なんで普通に客がノレるいい試合に。
ハッスルに来る客が求めてるか知らんが。

○ジョーメガロドン・ブラックジョーカー・LOCO・MOCOvs坂田“ハッスル”亘・山口日昇
西側バルコニーには帽子を深く被った小池栄子。東側バルコニーには老夫婦(こういう勝負カードって会場に親呼ぶことが多いよね、結構会場観戦してるとこういう光景を見かける)

んで試合。
山口社長は中盤に出て自らはなったチョップで腕を負傷(?)したように見えた、それ以降リングにはあがらず。
終盤坂田がスーパーキック連打でペースを握る場面があったのみで、試合のほとんどが坂田が攻め込まれる展開。
ガイジン四人は単調になりそうな試合展開を、声を出すことで救っていた。
黒の中村カントクの動きが素晴らしい、今日のMVPを一人あげるとすれば中村カントクに。
まぁ個人的には悪くない試合。

坂田号泣のマイクで締め。

−−−−−−

終わってプヲタ仲間と飲みに行ったんすよ。
・こんな終わり方はハッスルではない。不満。坂田は展開を全部ひっくり返して勝つべきだったかも。
・U系もFMWからのインディ系も、旗揚げエースって自分より大物のレギュラーって参戦させないよね。今回の坂田もそれ?
・本当は汁なガイジン四人が、生き生きとして試合をしてた。きっと後楽園のメインで反応のいい客前でやることを楽しんでたんだろーな。坂田の躊躇ないフットスタンプで悶絶したり、ダイビングエルボーで脇腹痛めたりしたように見えたのに、最後までノリノリで試合をやりきってた。きっと興業後のガイジン打ち上げは大盛り上がりだろーな。
・南側通路以降の2000円席(=ハッスルを見守ってきたと自負するファン層と予想)は、このハッピーエンド感のない本当に坂田亘劇場でしかなかったハッスルを、複雑な思いで見ていたと予想。

...まぁでも語ることがあるだけでもいいのかもね。

P2010_0430_192758.JPG

興業満足度:80%
客入り:6割
タグ:ハッスル



posted by わに at 08:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。