タグクラウド
記事

2010年05月04日

2010/05/03 アイスリボン(後楽園)

チケ売り苦戦の噂もあった後楽園
しかしフタを開けてびっくりなかなかの客入り。
今日のお楽しみは葛西参戦のタッグ3Way戦!

○みなみ飛香・つくし・帯広さやかvs牧場みのり・志田光・くるみ
イリミネーション戦。
なんとびっくり、デビュー数ヶ月のつくしが、みのりと志田からピンを取る展開。
しかも(受け側も工夫のあるのかもしれんが)丸める体重のかけ方が素晴らしく説得力のある勝ち方で。
最後残ったのは飛香とくるみ、2.9の攻防を繰り返した後、受け止めてからのブロックバスターホールドで飛香の勝ち。
第一試合でつかむ系興業の第一試合として満点。
あと帯広さやかは体もあって目を引く、今後に期待。

○市来貴代子・星ハム子vs高梨マサ子・都宮ちい
市来復帰戦。
まぁこの試合の注目は市来がどのくらいちいの顔面をえぐるかの一点。
だが中盤ではちいが容赦なく市来の顔面を蹴り踏みまくる意外な展開も。
最後は市来がダイビングダブルニーでちいからピン。
まぁぶっちゃけダメな試合だな。

△市井舞vs藤野恵実△
オープンフィンガー着用のプロレス戦。
試合のほとんどがお互いがステップワークを生かして距離をとってシャドーしてるような展開。
たまに入る寝技の攻防も、体を密着させず、かつ回転もしない、つまり何をしたいのかさっぱりわからない。
足を止めて殴りあうか、力をこめて極めに行くか、回転するか、あえてプロレスの攻防に引きずり込むか...のどれでも無い。
クソ試合。
何を見せたいのか理解できない試合。
これが今の市井なんだろうなと。

○バンビ・澤宗紀vs飯伏幸太・真琴
序盤から中盤までは真琴がつかまる展開。
ごめん!と誤ってから真琴に張り手をかます澤。
そして澤vs真琴の張り手合戦では拳で来い!と煽る澤。
絶叫とともに何発も拳を打ち込む真琴、もっと打て!とアピールし、最後はヒザをつく澤。
ヤッパリ、サワハ、イイヤツダナー。
そして普段女子プロレスしか見ない客であっても魅了する飯伏、久しぶりに見たけどやっぱモノが違う。
最後はスタンディングのシャイニングウィザードでバンビ→真琴。
やるべき人が出過ぎることもなくやることをやった好試合

○夏樹☆たいようvs藤本つかさ
NEOハイスピードベルト選手権
ハイスピードなのに、藤本が下手すぎてまったく攻防にならず。
ハイスピとかX-Divisionのスタイルって、試合を引っ張ってもらうことができない形式なんで、こういう稚拙さが隠せない。
ダメダメ。

○葛西純・松本都vs高橋奈苗・しもうま和美vsGENTARO・矢野啓太
序盤からのりのりの葛西さん。
コールドスプレーでカットに入り試合を荒らす。
ああ相手のいやがることをするのが格闘技ですね。
そして今日も性差をわからせるプロレスをするGENTARO、徹底していて良い。
パイプ椅子を持ち込むGENTAROに、アイスリボンで椅子はねーだろ!と怒る葛西、あなたは明日カミソリボード戦では?

この試合、注目はやはり葛西&エースとのキチガイタッグ。
何度もあった二人でのマンマミーアの場面では、やる度に葛西のポーズが違うとエースが葛西を制裁(?)する。

中盤からは何故か機能し始めるキチガイタッグ。
場外戦ではすっかりペースを握り、南側階段上からの同時机破壊プレスを見せるキチガイタッグ。
葛西にとっては日常の動きだけど、まさかエースまで...。

そして矢野を場外で追い込み、バルコニー!と吼える葛西。
そして矢野を机に据付け都行け!と指示する葛西。
ハイ!と良いお返事、バルコニーに走る都(!!!!!)
GENTAROに急襲され、都がバルコニー上につくころには葛西が追い込まれ、結局エースさんのバルコニーダイブはお預けに。

常にペースを握る葛西と、相変わらず気合だけで全て不可解なエースさん。
試合を通して他2チームを圧倒。
最後は数々の歴戦を制した葛西のリバースタイガードライバーから、二人でのマンマミーアでピン。

...あ!キチガイタッグ勝っちゃったよ。
BJWタッグに続き、リボンタッグまで奪取する葛西。
もし防衛戦を蕨でやるようなら見ものだな。
大満足な試合。

○さくらえみvsりほ
ICEx60戦。
これまでの二人の総集編のような試合。
しかし総集編であって、今とか未来とかは見えなかったような試合。
アイスのこういう試合って、ときに攻防に見えないんすよね。
タイプは違うけどルチャ系団体の試合が、ときに組み体操にしか見えないよーに。
最後はそこまで体重乗せたら返せないだとといったさくらのラマヒでピン。
悪くないけど、難しい試合。



試合後、体が大きくなり今までのスタイルに限界を感じていることを吐露するりほ。
そしてかならずいつかトップになることを涙を浮かべ宣言するりほ。
...どんな中学1年生だよ、他団体の中堅汁レスラーはりほの爪の垢を煎じて飲め。
半年後にはテンガロンハットにグラサンで葉巻をくわえ、ふた回り大きくなったりほが、成田に降り立つと予想。

−−−−−

昨日のNOAHは武道館の2Fまで伝わるプロレスだった。
そういう意味では今のアイスリボンは、飛び道具(今回の葛西戦)とか背景(初後楽園とか)が無いと後楽園キャパは厳しいのかな感じた。
もちろん蕨道場とか板橋クラスだと伝わるんだけど。

そして今日の満足試合は、キチガイタッグの光ったタッグ戦と、真琴の入ったゲストのタッグ戦。やっぱ飛び道具。

P2010_0503_150152.JPG

興業満足度:85%(葛西のおかげ)
客入り:80%


posted by わに at 09:04 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

「アイスリボン後楽園大会(ゴールデンリボン)」観戦記
Excerpt:  本来であれば、メインの「ICE×60選手権」での写真を冒頭に挙げるべきなんですが、この大会で一番印象に残ったのは「コレ」なんですよ(汗...
Weblog: Ali della liberta (in Stadio)
Tracked: 2010-05-07 19:32
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。