タグクラウド
記事

2010年05月05日

2010/05/04 大日本(横浜文体)

直前までカード変更が多く、フタをあけてびっくり六人タッグばっかりの大日本
しかも遅刻だ、最後三試合だけ観戦。

○葛西純・ニックゲージ・DJハイドvs“黒天使”沼澤邪鬼・竹田誠志・木高イサミ
中盤までイサミがつかまる展開、今日のイサミはなかなか。
デカい外人二人が説得力のある動きを見せる
最近の大日本にはなかった仕事のできるガイジンがからみ、んで葛西の入ったタッグらしい、なかなか噛み合った試合。
良。

○関本大介・佐々木義人vs天龍源一郎・岡林裕二
あれで還暦はすごいよな、天龍。
そりゃロープワークとか首投げの受身とか細かい点は老いが感じられるけど、関本のチョップ合戦を受けるところなんかやっぱり漢。
岡林はもうセミにあがるレスラーとして充分。
義人はいつもどおり(笑)

○伊東竜二vs宮本裕向
ハイフライのデスマッチとして完成されてる。
序盤に出した宮本の金網からのクロスボディなんかいまやすでにつなぎ技。
金網上からの抱え込み式パイルドライバー(ヤンキードライバーっていうんだね)とか、あれだけ高くから飛んでもバランスの取れてるムーンサルトとか高さを生かした試合という点ではこの二人があげたハードルは高く、そして誰も追いついていない。
今日はハイフライを生かすために蛍光灯はなくてもよかったよーな。
デスマッチこそマニアが多く視点もたくさんあるので好き嫌いは分かれると思うけど、個人的には良い試合だったと思う。

−−−−−

遅刻して半分も見てないけどカード見る限り六人タッグばっかりだし、15時30分開始で20時近くまでやってるし、全部見たら疲れるのではないの?
もう最近は興業が長いのが苦痛なんで、休憩前試合より前は見せ所絞って5分以下にしてほしいな。

※写真忘れた

興業満足度:85%
客入り:95%
※1Fの椅子も多かったし苦戦する文体なら十二分にすごい客入り
タグ:大日本



posted by わに at 08:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。