タグクラウド
記事

2010年05月06日

2010/05/05 ZERO1(後楽園)

昼間東京ドームでジャイアンツvsスワローズ見てたんすね。
入場前に元ジャイアンツ桑田を見かけた。
...ということは昨日は文体で中牧と同じ空気を吸って、今日は桑田とすれ違ったということ。
たいしたことじゃないけど。

○KAMIKAZE・不動力也・小幡優作vs藤田峰雄・齋藤謙・横山佳和
斎藤と小幡を中心とした個人的に楽しみなシバキ合い形式の試合。
KAMIKAZEはいらねーかなー。
まぁまぁ。

○藤田ミノルvsShockwave The Robot3000
ハッスルでは会場中を凍りつかせたロボット。
今日は反省を生かしたのか、藤田が上手くつきあったのかなかなか。
もう見なくてもいいけど。

○金村キンタローvsハートリー‘the Bull’ジャクソン
ストラップデスマッチ。
なかなかのプロレスだけど、なかなかって、どうも...ねぇ。

○崔領二・坂田“ハッスル”亘vs田中将斗・柿沼謙太
この位置で田中と同格、崔より格上っぽいのにちょいイラっとくる→坂田。
まぁみどころは柿沼の受けと反撃くらいの試合。
悪くはない(坂田以外)

○[ジ・オシリアン・ポータル]アマシス・オフィーディアンvs澤宗紀・高西翔太
キレキレの体の黒い方と怪しい体系の白い方。
そしてすべてにおいてオリジナリティ溢れる動き。
オシリアンポータルはYouTubeでも何でも見たほうがいい。
そして翻弄される澤と高西。
あげくには呪いなのか苦しみだす二人。
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/photo/201005/20100505101.html
↑苦しむ様子。
これはゼニの取れる試合だ。
久しぶりのガイジン大当たり

○FUNAKI・日高郁人vsサンディビーチ・チャドアロハ
実はそんなにFUNAKIには期待してない。
FUNAKIが海外に行ってる間、FUNAKIっぽいレスラーが日本で大量発生していて食傷気味なので。
とはいえそれら盆百の動いてるだけ系のレスラーとは、リング上でかもしだす余裕感は違うんだけどね。
でもまぁいいや。

○佐藤耕平vs大谷晋二郎
大きい受身の映える良い試合だった。
相手の大谷のおかげなのかはわからないけど。
タイトル戦としてもなかなか、満足。

−−−−−

雰囲気のいい興業。
全体を通して声援も多く、メインなんかは二人の応援でどかんどかん沸いてる。
しかし試合内容を見てうなるファンというより、レスラー個人への声援を送るファンなんすよね、ちょっと違和感。
でもZERO1にはいい客がついてるのは間違いない。

タイトル挑戦アピールする崔。
次の崔vs耕平が最後の二人のチャンスだと思うね。
新日本は二人よりも才能の無かった(と俺は思ってる)棚橋中邑後藤真壁が好試合を連発し今や息を吹き返した新日本の中心になってる。
いいかげん崔と耕平は他団体からひっぱりだこのレスラーにならなきゃアカンと思うけどね。

※写真忘れた

興業満足度:85%(エジプトタッグ◎、メイン○)
客入り:80%



タグ:ZERO1



posted by わに at 13:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。