タグクラウド
記事

2010年05月28日

2010/05/27 グレートプロレスリング(新木場)


誘われての観戦。
自分の中では「インディ」→「どインディ」→「腐れどインディ」の2個目と3個目の間(3個目に限りなく近い)の興業。


北川せいじvs326
自分の息子の学芸会なら微笑ましく見られるレベル。
自分の兄貴の息子の学芸会なら腹が立ってくるレベル。
もちろん兄貴の息子でもないし学芸会でもないので、怒りを抑えてあきらめて、飲むしかない時間。


“HOT STAFF”桂ヤスヒロJr.・高津子vs新宿鮫・見た目が邦彦vsジウインガー・ササメマンvs小仲=ペールワン・タコ乳頭"vsガッツ石島・BGP‐UZ・with Mr.yb&キラ☆アンソワーズvs戸田秀雄・吉田充宏
5wayタッグ(いや直前で6Wayになったような気もする)
見た目が邦彦が入場で自分の入場曲をフルバージョンで歌う、ちと笑。
試合自体は高校の学園祭にも劣るレベル、ということは学プロより下。
しかしこれだけスキルのないレスラーが大人数でほとんどの展開をいきあたりばったりでやるのは客をバカにしてる。
時間の無駄。


○宮本和志・佐野直vsZIPANGU・ばってん多摩川
大半は宮本が多摩川に対して格を見せ付けるプロレスの展開。
しかし宮本が相変わらず下手、痛さを見せるためのチョン蹴りなどなどを続けざまに変な角度でいれてしまう、結果多摩川大流血。
これまでの試合でオレのハードルが下がりに下がって、"畳のヘリ"くらいの高さになってる。ので宮本限定でまぁ楽しめた試合。


○澤宗紀vs千葉智紹
こういった狭い会場でもいつも通りの感情を見せるプロレスをする澤。
顔の張り合いだけでも避けたり受けたり挑発したりと新木場クラスならきちんと客に届くプロレスができる。
今日の興業で澤だけが仕事をした。
このレベルの興業でこの層のレスラーだと澤・アントン・佐藤きゅんだけは安心して見るべきところがある。
今日の興業のチケ代の9割は澤に。


○ザグレートサスケ・長瀬館長vsハングメン1号・ハングメン2号
ハングメン2号、試合開始で早速マスクを脱ぐ、正体はリッキーフジ。
序盤の場外トペコンで控え室へ担ぎ込まれるサスケ、そこからは延々と長瀬館長が一人で攻め込まれる展開。
しかし長瀬館長がアレすぎてオレの周囲も「サスケまだぁ?」の雰囲気に。
単発の見所は2箇所
・ハングメン1号がサスケに見舞った垂直に落とすジャンピングパイルドライバー。
・サスケの背中からバッチリ自爆するスワントーン。
復帰したサスケのラムジャム(酔ってるので違ってるかも)でピン。

−−−−−

客に通じてるストーリーも無いし、プロレスラーとしての説得力も数人を除いては無いし、リング上で"気持ち"を見せるには変に枯れすぎている。
そういう選択肢で[荒唐無稽なもの]を選んでいるレスラーが多い興業に見えた。
しかし、荒唐無稽なものをやるときほど一生懸命だったり、キチンとリハーサルしたりが必要だと思うんすね。そうじゃなければただの悪ふざけ。
まぁオレを客層の対象としてないと言えばそれまでなんで、そこは酷いこと書いてすんません。

※写真忘れた

興業満足度:50%
客入り:40%
タグ:グレプロ



posted by わに at 09:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/151337198

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。