タグクラウド
記事

2010年06月10日

2010/06/09 天龍プロジェクト(新宿FACE)

誘われての観戦。
というかここ1年で100%の自分の意思で行ったのは、去年のBOSJの飯伏vsデビッドと、アイスリボンのエースvsGENTAROくらいだけど。


○ヘイトvs折原昌夫
前座試合っぽいオーソドックスなプロレス。
最後消火器で終わるところを除いては。
悪くない。


○井上京子・金村キンタローvs植松寿絵・吉江豊
向き合う京子と吉江、体格的に見劣り感がしない京子(笑)
しかし京子はこれだけのキャリアがありながら、声を出してペイントの下からでもわかる表情を作る。
オレの中では金村吉江を抑えて井上京子の試合。
そして試合のアクセントとなる植松の痛みの伝わる強烈な受身。
植松の初っきりムーブは好きになれないけど、こういうところはプロだなと。
フィニッシュの井上→植松の叩きつける形のハイアングルパワーボムなんかプロレスでしか見られない痛みの表現だと思うけどね。
好試合。


○見た目が邦彦・アントニオ小猪木vsユダンハンセン・ジャイアント小馬場
西口提供マッチ
緩いネタ試合を楽しむ観客。
しかし試合中盤、客席からあきらかに怒声の混じった声で「プロレスをバカにすんじゃねぇ!」と
明らかに空気が変わる場内。
さらに数分後、同じ客からさらに怒りの伝わる声で「マジメにやれぇ!」の声。
どきどきわくわく
しかし、その直後、他の客からさらに怒気の混じった声で「リングにあげてる時点でこれでいいんだよ!」の声。
ほとんどの客が正論と思う答えに、やっと空気が普通に。
そんな雰囲気の中、ネタ試合&告知までやりきった四人。
あ、試合自体はものすごく面白かったよ。


○タイガーシャークvs望月成晃
試合巧者の望月をもってしてもクソ試合。
オレ目線ではすべてタイガーシャークの流れの無い試合運びのせい。
しかし格闘スタイルのマスクマンって、四虎を筆頭にクソが多い。
オレの中では格闘スタイルマスクマンはクラフターMが最高峰。
ただタイガーシャーク、フィニッシュ前のキック〜金的に入れるヒザの流れるようなフォームは良かった、ただこれだけが良くてもねー。
しかしなんだよ"タイガー"+"シャーク"って強そうな名前とマスクは。
お前なんか"かに"+"かま"で十分だ。

そんなタイガーシャークあらためかにかまに対戦表明するHIROKI。
しかし客の9割はHIROKIが誰だかわからない。
二人の熱いマイク合戦に「お前だれ〜?」と観客。
「HIROKIだよ!」と怒声混じりの声で応えるほかの客。


○天龍源一郎・百田光雄・北原光輝vs高山善廣・関本大介・後藤達俊
普通大御所の六人タッグって、相手に明らかな負け役がいたりとか、自軍に試合のほとんどを一人で作る職人がいたりする。
そう大仁田興業の6人タッグメインのように
しかしこのマッチメーク、天龍のパートナーは百田北原、相手は高山関本後藤。
ということは試合を作るのは天龍?

そんなプヲタが心配するメイン。
案の定、序盤からつかまりまくりの天龍。
序盤、後藤と天龍のからみで客が「後藤、バックドロップ」の声。
こんな序盤から出さねぇだろと客さえ油断してるタイミングで、バックドロップを出す後藤&受ける天龍。
そして関本相手に痛みの伝わる攻防で試合を作りまくる天龍。
あー、やっぱ天龍おもしれーなぁ

やっとタッチしたと思っても、戦力的にはカプセル怪獣並みの百田と、蹴りのコンビネーション以外に見る価値は無い北原。

関係ないところではセコンドのNOZAWA論外(=特に悪いことしてない)にずっと「お前は帰れ!」といい続けてる女性客。
どこに向かって熱いんだか

そんなカードと結果からは到底伝わらない盛り上がりを見せる会場。
最後はびっくりするくらいあっさりと関本にピンを許す北原。
フィニッシュでプヲタの間をはずすところもそれは味。

六人タッグベルトを巻く高山後藤関本
高山:ゴールデンカップス時代からの懐かしいベルトだけど、オレ忙しいんだよ、おっさん(=天龍)このベルトってDH制ありだろ?あげるよ。
関本:このチームのリーダーはオレだ!勝手なことは許さん(※言わされてる感のある声調で)
...なんかそんな感じのこのカオスっぽい試合を締めるにふさわしいマイク。

好試合



−−−−−−

期待以上に面白かった。

熱すぎるが故に空気を読めない(あえて読まない?)お客様の多い興業。
オレは興業の風景だと思うのでこういう雰囲気は非常に楽しい。
あとこういうカードの興業を満足できる試合として締める天龍はやっぱりすごいと。

P2010_0609_204542.JPG

興業満足度:90%
客入り:95%



posted by わに at 10:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/152772637

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。