タグクラウド
記事

2010年07月12日

2010/07/12 ZERO1(後楽園)

客入り苦戦してるなぁ
前回新宿FACE面白かったのにね。


○植田使徒vs斎藤謙
個人的に注目の斎藤の試合。
んーいつもほどではなく。


○藤田ミノル・菅原拓也・横山佳和vsKAMIKAZE・高西翔太・不動力也
前日のあまりものをマヨネーズであえたような、居酒屋のお通し的な試合
お通しなりにまずくはないけど、食べなくてもいい、そんな感じの試合。


○坂田“ハッスル”亘vs柿沼謙太
坂田がアレ
試合展開としては格上の坂田が柿沼をシバく形式。
なんだけど周りのプヲタと坂田ってそこまでの顔か?という話に。
受ける柿沼は緊張感があってよかった。
最悪だったのは柿沼の反撃の張り手をイヤイヤ顔で顔をかばうように避ける坂田
なんじゃそりゃ、リングス時代に前田に凹られたときから何も成長してねーのかよ。
今のところ坂田はダメだ。
フィニッシュのスーパーキックは良かった...とひとつ褒めてみる。


○田中将斗vsショーン・デバリ
なかなかのハードコア戦。
とはいえ日本人相手とは違い、客のほとんどが「デバリって誰?」の雰囲気。
なので良い試合なんだけど熱狂までいかなかったのが惜しいかな。
まぁまぁ


○日高郁人vsFUNAKIvs澤宗紀
3Way戦なりのカットや攻守入れ替わりもありなかなか。
火祭り予選も兼ねた試合、ということは澤は火祭り不参かなのかぁ、ちょっと残念。


○バンビ・キラーvs佐藤耕平
眠たい試合。
試合に流れがない、技がぼこっと出てもたもたして、ぼこっと出て...と単調極まりない。
こーへーはだめだなー、せっかくのタイトル戦で後楽園なのに。


○大谷晋二郎・崔領二vs中西学・吉江豊
会場大盛り上がり
中西の挙動や再現不可能な声、そして雰囲気に魅了される場内。
そしていつものごとく試合に表情がある大谷。
大谷はもっと活躍の場があったり評価されたりするべき。
最後は大谷→吉江のドラゴンスープレックス3連発。
吉江ってあの体重で思い切った受身とるよね。
好試合


−−−−−

メインにつきる興行
しかし四月にベルトをとった耕平がこれまでの防衛戦でインパクトを残すことなくあっさりベルトを落とす。
耕平と崔とついでに坂田はもうずっとこのままなんだろうか、そしてこれからは柿沼とか破壊王Jrの踏み台なんだろうか?
惜しいねぇ...。

※写真忘れた

客入り:70%
興行満足度:80%
タグ:ZERO1



posted by わに at 15:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。