タグクラウド
記事

2010年07月25日

2010/07/24 ZERO1(後楽園)


さびしい客入り。
火祭り後楽園ってツマらなかったことないのにね。


○柿沼謙太vs横山佳和
個人的にはもう少し"シバキあい"臭がしたほうが...


○崔領ニ・斎藤謙vsKAMIKAZE・植田使徒
斎藤の軍鶏のようなつっかかりっぷりが○。
あと第二試合らしくコンパクトにまとまっていてこれも○


○FUNAKI・澤宗紀vs藤田ミノル・菅原拓也
久しぶりに見るような気がする藤田菅原タッグ。
今日はしつこすぎるくらいのFUNAKIと澤のレフェリー制止されプレイもあり、持ち味の小ずるさも出てた。
最後は澤がこれまたレフェリーに制止されっぱなしの間に、誤爆を誘いバックスライドでFUNAKIが取る。

...三試合まとめてコンパクトでなかなかの試合、今日はこの後がしつこい試合になりそうだしね。


○ジョー・レジェンドvs佐藤耕平
客煽りが多いジョーレジェンド、親切なZERO1ファンは丁寧に応答。
大きい人にのみ許される、大技〜間〜大技〜間...のプロレス。
最後は前回後楽園同様、ジョーのぼこっとした大技の連発に沈むこーへー。
第四試合っぽいリズムの試合。


△大谷晋二郎vs関本大介△
メインでないことにびっくりの好カード。
第一回火祭りに無名ながら立候補エントリーした関本と大谷の関係を描いた試合前煽り映像が良。
あいかわらず筋肉パッツンパッツンでギョロ目の関本に対峙する、頭と体は老けたものの目力と肉体表現は20代の大谷が上手くかみ合う。
両者ともに攻め受けに表情が作れるので、つまらないワケが無い。
この二人だと一点攻めも安心して見られる。
観客納得の時間切れ引き分け。
好試合

関係ないけど今日気づいたこと。
試合中のリングドクターは大抵問診しかしない。


○ザ・プレデタ―vs吉江豊
空いてるリングサイド周りを必要以上に練りあるくプレデター。
観客への効果抜群、入場だけで大盛り上がり。
プレデターから逃げることを刷り込まれた観客は、ただの場外エスケープでも席から腰を浮かす(笑)
試合はこの二人らしいぶつかりあいと、この二人特有のデカイ受身を見せる試合。
後半、リズム感がなくなるのもそこはプレデター、やっぱ5分以上やらせると危険だなと。
良。


○日高郁人vs田中将人
大谷関本を差し置いてのメインイベントカード。
最後まで体格と突進力で上回り、押し気味に試合を進める田中。
何度も放たれるスライディングDを避けたり返したり丸めたりと食らわない日高。
終盤、これでピンでもおかしくない今日始めてヒットしたスライディングDをキックアウトした後、蹴りのコンビネーション(ヒザに入るタイミングが独特で◎)で田中をKOピンする日高。
盛り上がる場内。
好試合

−−−−−

今日も満足興行。
ZERO1こそプロレスを見に来た気持ちになれる団体だと思うんだけど、なんだろねこの客入りは、非常に残念。
少ないながらも固定ファンの熱い声援があるので閑散とした感じがしないのがせめてもの救いか。

やっぱ客入りにはひとつくらい飛び道具があった方が...澤田敦士とか...

※写真忘れた

興行満足度:90%
客入り:40%
タグ:ZERO1



posted by わに at 10:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。