タグクラウド
記事

2010年08月26日

2010/08/24 DRAGON GATE(後楽園)

満員だけど前回同様に超満員感は無し
(この大規模興行ラッシュ後の後楽園でこの入りはすごいけど)

○土井成樹・吉野正人vs横須賀享・K−ness.
本当は地味顔の土井の風体がプール監視員みたい。
過剰な2.9を繰り返さない好試合。


○堀口元気・斎藤了vs鷹木信悟・YAMATO
今日の興行の主役っぽい匂いがする堀口。
好調時のオーラが感じられない鷹木&YAMATOから逆さ押さえ込みでピン。
なかなか


○ドン・フジイvs苫小牧卓也
まぁチャレンジマッチですな。
第一と第二がトーナメント準決勝でがっちりやったのでこんなものかと。
この位置の試合って難しいね。


○サイバー・コング・KAGETORAvs超神龍・琴香
風体も技も元気な小学生男子の落書きみたいなサイコン。
実力差のある相手にサイコンらしいプロレス満載、サイコン好きは大喜び。
KAGETORAはちょっと目を離すと埋もれるなぁ、CIMAにいじられてる時が花だったよーな。


○神田裕之・新井健一郎・KzyvsB×Bハルク・谷嵜なおき・PAC
ぐずぐずしたヒールの味が出ていて、今日はディープドランカーズが良かったと思う。
最後Kzyが取るのもびっくり。
今日は"お調子者キャラにチャンジした"のハルクのマイクは谷嵜相手で冴えず。
やっぱ谷嵜は何をやらしても中途半端だ。


○泉田純至・菊地毅・橋誠vsCIMA・Gamma・望月成晃
今日の注目カード、10周年にさえ呼ばれないはぐれノア軍団。
今日は不透明決着〜次回はCIMAと1vs3、最後の大将決着戦で菊池大流血の壮絶完敗...
といった猪木vsはぐれ国際軍団の流れを汲んでほしいなぁ...と妄想。

入場時ハプニング!
ドラゲー休憩明けのテーマソングで入場してしまうノア軍。
つまりノア軍入場後にリングアナがあがり「試合を再開します!」のコール。
行き場所の無いノア軍、さっそくぐずっぐず。

試合前から始まるまったく空気を読まない菊池のマイク。
そして菊池のマイクは試合中、まったく必要ない部分でも炸裂。
リング内外で試合巧者のCIMA/Gamma/もっちーでもまったく噛み合わず。

難解難解難解難解難解難解難解難解難解難解難解難解難解難解難解

誰もがぽかーんの試合展開を制す橋。
これほど難解なプロレスは始めてみた。
何が起こるかわからないという意味では、対抗戦らしい緊張感なのだけど肝心の試合内容に緊張感が皆無。
いや、...どう処理するんだ...の別の緊張感でいっぱい。

まぁ良いか悪いかでいうと生会場観戦の試合としては最悪だけどね。


○土井成樹・吉野正人vs堀口元気・斎藤了
あのセミの後を締めるべき今日の座長の堀口。
最後数分はこれぞドラゲーのメインともいうべ決め技&2.9の攻防、会場大熱狂。
ここではやは、りスライディングキックやマスキュラーなど終盤の絶対技を持つ元シングルチャンピオンは強い、これを織り交ぜて2.9の攻防やられちゃそりゃ盛り上がるわ。
そして堀口も今日は抜群の説得力を持つ逆さ押さえ込みで何度も2.9を取る。
最後は吉野の二発目のライトニングスパイラルに沈む堀口(あれ?勝つと思ったのに)
あー面白かった。


−−−−−

やっぱり今日語るべきはノア軍。
結果が予想できて見る試合としてはいいかもしれないけど、何が起こるかわからずに期待して生会場観戦する試合としてはどうかと思うね。次回以降もこういう空気の試合になるだろうど、まだあの菊池の試合スタイルには慣れない。この妙な嫌悪感は昭和プヲタだからかね?
うーん。

興行満足度:85%
客入り:満員
タグ:DRAGON GATE



posted by わに at 10:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/160620214

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。