タグクラウド
記事

2010年09月27日

2010/09/26 NOAH(武道館)

武道館って八角形なんすね。
スタンド席は八角形がそれぞれ3つに区切られてる、つまり24区画。
そしてスタンド席に関しては24区画のうち、北側を中心とした10区画が閉鎖。
それだけ封鎖して客入りは9割くらい。
アリーナの椅子の置き方も甘いしつまり始めから4割は入れていないってコト

見たいヒトが来ているので雰囲気は悪くないけどね。


○田上明・平柳玄藩・志賀賢太郎vs起田高志・梶原慧・西川潤
まーいつもながら健介オフィス若手はみどころが皆無だ。
伸び悩みの平柳はいっそコスチュームからファイトスタイルからGammmaパクればいいのに。
今日試合多いし早く終わらねーかなーっていう試合。


○谷口周平vs宮原健斗
ここまで武道館シングルのハードルを下げるか?っていうマッチメーク。
10000人規模にモノを見せるレベルに達してない。
道場マッチでやってくんねーかなー。


○吉江豊vs井上雅央
これが第一試合でいいんじゃね?
本来の会場をあたためるという意味づけの試合。

森嶋の欠場であふれた吉江は仕方ないとして、しかしここまでの全員が何も考えないで試合するヒトたちばかりだ。
第1、2試合とこの試合の井上はアミダくじで決めた方が面白いマッチメークになると思うけど。


○石森太二・リッキーマルビンvs小川良成・ボビーフィッシュ
オールドスタイルの匂いもするボビーと石森マルビンの絡みがなかなか。
最後はボビーのクロスフェースを横に2回転がしての木戸クラッチ風な固め技でマルビンがピン。
絶対に退屈させることなく試合に集中できる環境を作る、これこそ本来の第2試合だ。


○鈴木鼓太郎vs青木篤志
青木は対外試合経験からなのか、すっかりいいキャラがついた。
対する鼓太郎も伸びしろが大きそうで好感が持てる
(いやその伸びしろをいい加減使えよという話だけど)

序盤中盤は頭突きや腕殺しで攻め立てる青木
それを単発ながらキレのある技で反撃する鼓太郎
なかなか噛み合ってる試合

フィニッシュはダブルアームの体制から肩口まで放り上げるような、本家以上に美しいフォームのタイガードライバー。
試合組み立てのセンスは丸KENにはかなわないけど、鼓太郎の技のセンスは○。
なかなかの試合。



○バイソンスミスvsモハメドヨネ
休憩明けの試合、混雑を避けるため俺はこの試合開始と同時にトイレに。
序盤中盤はいつもどおりのヨネ、どさどさもっさり。

ラストは突然。
花道to場外の攻防で、アイアンクロースラムの体制に捕らえるバイソン。
どーせ、やんねーんだろと推測。...やっぱやらなかった。

続いて花道to場外の攻防で、バイソンデニエルの体制に捕らえるバイソン。
また、やんねーだろと推測。やりやがった
場外カウントを数えることもなく担架KOされるヨネ。
ヨネ、グッジョブ!

ヨネは次シリーズ以降はNOAH本体の流れとは関係なく一人ハードコア路線で。
ROHとかではなく、CZWとか米国IWA系の雑だけどインパクトの強い外人呼んであててほしい。MASADAとか適任。
あと力皇もそっちで。


○金丸義信vsKENTA
金丸はコスチュームと髪型と体系変えてやっとチャンピオンっぽくなった。
相手は復帰後、復帰戦以外はまったくインパクトの無いKENTA。
あと2試合残している興行のJrタイトル戦っぽい。
面白いんだけど、想像の範疇の試合。


○高山善廣・佐野巧真vs佐々木健介・中嶋勝彦
はいはい佐野最強説ですね、できれば本間聡に12年越しのリベンジを果たしてから言って欲しいもんだ。
そんな佐野、今日は中嶋相手にいい角度のソバットを入れまくる。
ちょっと前のKENTAのシングルといい、佐野のソバットって受ける人を選ぶのね。

フィニッシュは佐野の鳩尾ソバット〜顔面ソバット、高山の顔面カチ上げ〜エベレストジャーマンで中嶋から文句なしのピン。
なかなか。


○杉浦貴vs潮崎豪
前半わずか数発のチョップで腫上がる杉浦の胸。
お返しにか、本当のサッカーボールキックで蹴り上げる杉浦。

中盤からはすべての技で観客に痛みの伝わるプロレス。
少しでも間があくと、攻められていたはずの潮崎がカウンターのラリアット、吹っ飛ばされる杉浦。

終盤、潮崎が首がもげそうなローリング袈裟切り三連発。
それに腰の入った鉄拳の連打で仕返しする杉浦、この時点でもうやりすぎ。
なおも大の字に倒れた潮崎の横っ面に、本気とも取れるエルボーを1ダース。
そして無理やりひきおこしてのオリンピック予選スラムでピン。

好試合

−−−−−

もしまったくプロレスも格闘技も見たことない人に、今日のメインとUFC/DREAMを見せたら絶対に痛みの伝わる試合は今日のメインだと思う。それほどに今日のメインは壮絶だった。

今後は「平柳はGammma風に」「リキヨネは対外人のハードコア路線で」「KENTAはヒールで、コタロウを太刀持ちに」してほしいな。ノアファンはこういうの嫌いだろうけど。


客入り:90%(スタンド席は4割つぶして)
興行満足度:90%
タグ:NOAH



posted by わに at 09:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/163885798

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。