タグクラウド
記事

2010年12月06日

2010/12/05 NOAH(武道館)

前回より多少多目の客入り、雰囲気はすこぶる良い。
なんだかんだで武道館両国クラスの会場をここまでファンで埋めるのはスゴイこと。
ここ数回大会場メインで背筋が凍るほどのシバキ合いを見せてる杉浦に今日も期待!


○谷口周平・石森太二vs田上明・志賀賢太郎
ぼけっとしてたら終わってた。
谷口は大日本あたりに修行に行った方が良い気が。
もうメジャーだからインディと関わるのは云々...は通用しないと思うんだよね。


○青木篤志vsデリリアス
いちプヲタの意見だけど。
こういう好カードを武道館の第二試合ではなく、小会場のセミの盛り上がるところで見たいね。
そんな期待どおりのなかなかの試合。
青木はいいツラ構えになってきた。


○佐々木健介・中嶋勝彦・宮原健斗vs齋藤彰俊・井上雅央・リッキーマルビン
今日は一枠でよかった!の健介Office。
決して健介中嶋が悪いわけではなく、良くも悪くもNOAHに溶け込みすぎてて、毎回毎回何のひっかかりも無い第三試合になるのがつまんないだけ。
おとといもそうだけど、良い意味での見世物小屋であるIGFの方が外敵感が出るんだよね、健介中嶋は。
さて相変わらずの何の印象にも残らない試合、宮原に至っては空気。
あ、井上は仕事してたかな。


○モハメドヨネ・平柳玄藩vs潮崎豪・小川良成
NOAH武道館名物、テーマの無いタッグマッチ(テーマあるの?まぁいいや知らなくても)
お、今日は意外にも髪を切られた潮崎の暴走しての反則負け。
この位置の試合ってこういう形で10分以下で極めた方が良い、そういう意味で満足。


○KENTAvs丸藤正道
休憩前で丸KENのシングル、なかなか贅沢。
試合内容はこの二人らしい受ける間を与えない攻防(なのに避けたり受けたりすんだよな、この二人はやっぱレベルが違う)
ただ今回新しいものは盛ってないので、今日の試合は試運転?と思わせてしまうところは損かもね。
期待通りの武道館休憩前を締める好試合。


○鈴木鼓太郎vs金丸義信
やっぱり鼓太郎はデキる子だ。
残念系のレスラーにありがちな技が単発で攻防に見えない、の欠点はあるけど。
しかし今日は流れを作るの上手い金丸相手だったのでうまく補完し合ってた試合。

ツームストンからロックを外さず、そのままブルーデスティニーに持ってくムーブではどよめく観客。
他にも回転エルボー独特の踏み込みとか本家よりも美しいタイガードライバーとか技のセンスはピカイチ、やはり鼓太郎はデキる子。
丸KEN青木になるであろう次からのタイトル戦も結構楽しみ。
好試合


○高山善廣・佐野巧真vsクリスヒーロー・クラウディオカスタニョーリ
大量リストラ後に唯一残ったもっさりレスラー、佐野。
今日もゴム飛びみたいなソバットを連発し、俺の気持ちを萎えさせる。
しかし今日は外人組の素晴らしいこと素晴らしいこと
大型でありながら序盤中盤はまったく高山佐野に試合をさせない。
クラウディオの回転してからの振り向きざまのフロントキックや、クリスヒーローのコーナーtoコーナーのポスト超えのノータッチケプラーダ(!!!)などあの体格での体全体を使った動きに沸く観客。
外様に厳しいノア会場で外人組に大声援、高山のカットではブーイングさえ起きる始末。
そして決着はやっぱり分断してからの高山ジャーマン、観客の多数(?)に落胆の色が走った気が。
試合を99%作ってたのは外人組。
今年見たタッグチームでは葛西沼、ゴールデンラヴァーズに次ぐデキかも外人組。
なかなか。


○杉浦貴vs森嶋猛
最近観戦した武道館では秋山戦潮崎戦と堂々と正面からのシバキ合いを制した杉浦。
今日は正面から受けるとアクシデントさえありそうな森嶋、ここ最近のスタイルの杉浦なら期待大の試合。

さて森嶋、30kg痩せたとはいえ泣きオッパイは相変わらず。
辻よしなりの実況ならど根性ガエルにたとえそうなおっぱい&カエルっ腹。
確かに全体に絞れてるとはいえ、二の腕と太ももが細くなってるのはどーかと、そこは痩せるなと。
オッパイから痩せちゃうんですぅ...とほざいてるグラビアアイドルかっつーの。

森嶋の体格はおいといて、やっぱり期待通りの壮絶な試合。
打ち合いだけでも壮絶なのに、場外/コーナーポストとフランケンシュタイナーを失敗し脳天から突き刺さる杉浦。
コーナーポストの失敗は少しだけ森嶋の体重もノッてしまい、おきあがらない杉浦にちょっと騒然となる場内。

そして後ろ向きにコーナーを登る森嶋、観客の期待通りムーンサルト、そして自爆
しかも上に跳ぶムーンサルトではなく武藤式の軌道の低いもの、しかも自爆
なかなかいいモノを見た。

やはり終盤はラリアット/裏投げ/バスター/バックドロップとこれでもかと攻め立てる森嶋を、腰を入れた張り手/パンチ/蹴りで意識を飛ばそうとさえする杉浦。
最後も顔面にヒザ蹴り/張り手/パンチを集中させた後のオリンピック予選スラムで杉浦。
好試合

試合の決した後も帰ろうとしない観客。(※九段下の帰り道が混む武道館ではメイン決着とともに人が動き出す興行が多い)
杉浦はこの半年、本当の意味で求められるチャンピオンになった。

杉浦:三沢さん小橋さんのいない武道館、皆さんはもの足りないですか?
アナウンサー:(力強い口調で)そんなことを思ってる観客は誰一人いません!
...この言葉どおりいい興行だった。

−−−−−−

いい興行だった。
三沢小橋など看板が抜けたあとのノアはやっと浮上し始めたと思う。
これからのノアは面白いかも...と思わせる興行内容。

これを3年前からやっておけばなぁ、4年前の丸KENメインの武道館の路線のままでよかったのに。


興行満足度:95%
客入り:満員(スタンド4割近く塞いで)


posted by わに at 12:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。