タグクラウド
記事

2006年07月01日

2006/07/01 PRIDE無差別級GP 2回戦(たまアリ)

○パウエル・ナツラvsエジソン・ドラゴ
今まで勝ち運のなかったナツラの完全な一本勝ち。
ちょっとドラゴは期待はずれ。

○中尾“KISS”芳広vsイ・ウンス
煽りから「KISS」を強調しすぎ。
そこにはのれないものの大器の片鱗は十分に見せる中尾。
次はカズ中村か藤田戦で"日本人つぶしあい"を見たい。

○ビクトー・ベウフォートvs高橋義生
鈴木みのるはメカマミーで、高橋義生はビクトーかよ。
試合内容はさえもみせられない完全KO負け。
悔しいだろうなぁ...。

○アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラvsアリスター・オーフレイム
ローキックで追い込んでたはずなのに、結構唐突なタオル投入。
なんかアリスタ怪我してんのかな?

○中村和裕vsエヴァンゲリスタ・サイボーグ
ドンペンくんに囲まれて入場。別にスポンサーつくのはいいんじゃねぇの。
試合はといえば中村の完全勝利。
やっぱり強いんだけどなぁ。

○アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラvsファブリシオ・ヴェウドゥム
ときおり見せるグラウンドでの取り合いにはおどろかされ、かつヴェウドゥムが押す場面もあったりした。
しかしほとんどの時間帯を打撃で制していくノゲイラ。
ノゲイラ勝ったのは良かったけどちょっと消化不良。
できれば打撃でノシた上で一本勝ちして欲しかった。

○ヴァンダレイ・シウバvs藤田和之
藤田の煽り映像コメントが最高

 質問:日本人はシウバに勝てますか?
 藤田:日本人が...というより、シウバがオレに勝てるかだろ?

入場から会場の興奮最高潮。
試合はといえば事前の予想どおり打撃をあびる藤田。
どこか一発神がかりのゴリラフックをあててくれの願いも届かず撃沈。
しかし打撃を浴び始めてからの藤田の粘りはスゴかった。感動した。
近づく島田レフェリーは止めるかと思ったら"ロープ掴むな"なのもちょっと笑った。
大満足の試合。

○ジョシュ・バーネットvsマーク・ハント
煽り映像も良。(でもフジ系ならもっとうまく作ったろうな...)
試合は打撃も捌いたジョシュの完璧な一本勝ち。
しかしあの体制からハントの腕を引き抜いてアームロックに持っていけるのはさすがジョシュ。
何気に力と技術の両方が最高峰にあるフィニッシュムーブと見た。

○ミルコ・クロコップvs吉田秀彦
柔道金メダリスト相手に最初のテイクダウンをしのぎきったミルコに拍手。
そこからはベタ足の吉田をあざ笑うかのようなロー地獄。
耐えた吉田も偉いが最後は痛々しかった。
「下がらせる打撃無し」「縦の動きのスピード無し」「ベタ足」では、そりゃローの餌食か。
あそこでテイクダウンさえ取れていれば.....

−−−−−

・客は見難い席を除けば結構入ってる。95%で満員といっても差し支えないくらい。
・煽り映像のクオリティは落ちている。作る側と見る側の慣れの問題もあるかもしれないけど。
・それ以外はいつものPRIDEのように感じた。
・ただ今日の興業に関して言えば最後の三試合に救われた感がある。中盤の位置に桜庭とかあるとやっぱりいいんだけどねぇ。

−−−−−

20060701.JPG

客入り:満員
興業満足度:85%
タグ:PRIDE



posted by わに at 17:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20162939

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。