タグクラウド
記事

2006年07月30日

2006/07/29 ZERO-ONE MAX(後楽園)

結構入ってるし客の雰囲気もいい火祭り決勝。

○不動力也vs高橋冬樹
第一試合なんでこんなもの。

○田中将斗vs大谷晋二郎vs村上和成vs吉江豊
火祭りAブロック代表決定4way。
志村けんにつぐ顔芸人村上にうっとり。
試合はというと↓
・正面からのサッカーボールキックをかわした大谷がそのまま丸めて村上をピン。
・直後にボディソーセージで吉江が大谷をピン。
・最後はエルボー連打で田中が吉江をピン。
密度の濃い好試合だった。

○オージー・オズボーンvs浪口修
天下一Jr査定試合。
浪口だろうなぁ..と思ったら意外にオージー実力者。
流れはばらばらなんだけど大技もそこそこ見せる。
ちょっと質の悪いTNAの試合を見ているようだ。
最後も(ちょっと失敗した)変則的なプレスで圧勝。
まぁまぁ

○後藤達俊・関本大介vs大森隆男・神風
関本を除き中途半端な金髪の3人(後藤と神風は加えて和顔)
関本の二人まとめてぶっこ抜くジャーマンに会場騒然。
最後は後藤のフルコース「金的〜バックドロップ」で神風をピン
満足。

○佐藤耕平vs本間朋晃
そんなに見るところの無い試合。

○菅原拓也・日高郁人・藤田ミノルvs高岩竜一・佐々木義人・NOSAWA
くじ引きでパートナー決めをした試合。感想は
・菅原はこういう組み合わせだとプチヒールが際立って良い。
・日高・藤田には俺はノレない。
・高岩は浮いている。正面から当たれる相手のいないこの面子では持ち味が出ない。
・佐々木はNOSAWAにうまくまわしてもらってた。
・NOSAWAは必要以上にウマイ。

○田中将斗vs崔領二
大阪でヒザ、慢性的に右肩を壊しているにもかかわらずいつものハードの受け・攻めを見せる田中。
ヒザに焦点を絞り固める崔。
途中放ったエルボーで肩を外してセコンドに入れてもらう場面も。
最後はスーパーフライ・ダイヤモンドダスト・左右のエルボーを畳み込んだ
田中の勝利。
プロレスを見た気になる好試合。

−−−−−

ZERO−ONEは試合内容とか興行の流れとか、会場の雰囲気といいプロレスを見たなぁーという気持ちになれる。
一見さんを連れてくる気にはならないけど東京のビッグマッチなどたまには見たい団体。
ただやっぱりオレの中の軸は大谷・田中(とときどき高岩)で、佐藤・崔・日高・藤田にはノレないんだよねー。

ちょっと待ち合わせがあってリング解体の時間までホールの中に居たんだけど、出てきた田中はリアルに右肩を押さえ、氷で冷やしていた。
やっぱりレスラーはスゴい。

20060729.jpg

客入り:90%
興行満足度:90%
タグ:ZERO1



posted by わに at 10:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。