タグクラウド
記事

2006年09月10日

2006/09/10 PRIDE無差別級GP 決勝(たまアリ)

○エヴァンゲリスタ・サイボーグvs西島洋介
総合でのボクサーの負け方の教科書みたいなもの。
ロー、クビ相撲、テイクダウン、チョーク。

○ミルコ・クロコップvsヴァンダレイ・シウバ
完全に術中にはまるシウバ。
左目の視界を奪い、効果的なミドルをあて、注意をそらしてのハイ。
まさにフルコース。
シウバの気合いは買うものの、それだけで勝てる相手ではなかった。

○ジョシュ・バーネットvsアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ
120点。
戦前ジョシュに期待はするものの、経験も含めたすべての面で上回るノゲイラの勝利を予想してた。
しかし...
1R
唐突に打撃でダウンを奪うジョシュ(ダメージそんなになかったけど)
終盤、完全にクラッチした逆十字をしのぐジョシュ。
すばらしい。
そのムーブを見ただけでも負けでいいと思った。
2R
一進一退の攻防。
やはりポジショニングではノゲイラが上回る。
グラウンドでもつれた場面からヒザを決めるジョシュ、そして時間切れ。
熱狂
ノゲイラに一本あがった判定には「えー」の声。
キャッチレスリング万歳。
そりゃみのるも三冠王者だ。

○エメリヤーエンコ・アレキサンダーvsセルゲイ・ハリトーノフ
いかにも「ハリトーノフが裏切り者兄弟を始末する」煽り映像。
そんな主催者側の思惑を裏切るハリトーノフKO負け。
戦場に生きる人間なのに勝負のキワに弱いっていうのはどういうこっちゃ?

○ヒカルド・モラエスvsイ・テヒョン
牧歌的な試合。
あからさまなタバコ&トイレタイム。

○中村和裕vs中尾“KISS”芳広
これほどひどい試合は久しぶりだ。
決定力の無い中村を相手にして、完全なスタンドカウンター狙いの中尾。
いくら負けないことにこだわったとは言え中尾は0点どころか客に金を返すべきだ。
時間の無駄。

○ヒカルド・アローナvsアリスター・オーフレイム
一発のあるアリスター、一発は出ず。

○マウリシオ・ショーグンvsザ・スネーク
フトコロ深く、結構打撃もさえてるスネーク。
スタンドで苦戦するも最後は寝かして踏みつけKO。
ブラックマンバ(HEROS)、スネーク(PRIDE)と格闘技界は空前のヘビブームだ。
是非、長井/後藤に続いて蛇界軍(DDT)入りを。

○ミルコ・クロコップvsジョシュ・バーネット
ミルコつよ〜〜〜い。
これまで二回の対戦とはまったく違い確実に打撃で追い込むミルコ。
圧巻はサイドについての鉄槌の場面。
体のバネを使って鉄槌を打ち込んでる。
見てる方が心が折れる。
圧勝


−−−−−

・GPの三試合は格別に面白かった。
・ただ他の試合のクオリティの低さはいかんとも。
・煽り映像のクオリティは急激にあがっている。全盛期の8割くらい。

20060910.JPG

興業満足度:95%
客入り:満員
タグ:PRIDE



posted by わに at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。