タグクラウド
記事

2006年12月31日

2006/12/31 PRIDE男祭り(たまアリ)

○田村潔司vsミノワマン(美濃輪育久改め)
とうとうここまで来たかミノワマン
試合はというとミノワマンの大振りパンチに序盤は左ミドル、途中から左ヒザをあわせ続ける田村。
左ヒザクリーンヒットでKO。
しかし田村はヒザ入れたあとに極めに行って欲しかった。
あそこで蹴り上げるのはいただけない。

○青木真也vsヨアキム・ハンセン
戦前オレ予想ではハンセンの打撃葬を予想してた。
しかし結果は青木の思い通りの展開。
最後は右手で相手をかかえ、左足で気道を押しつぶすフットチョークで終了。
スゴイ

○郷野聡寛vs近藤有己
勝ち星には恵まれないものの大晦日興行では名シーンを残す近藤。
..しかし今回は最悪、本興行での唯一のダメ試合。
近藤復活してほしいなぁ。

○マウリシオ・ショーグンvs中村和裕
判定までもつれたとはいえ攻めるショーグンに応えた中村も光った好試合。
久しぶりに見たモーションの小さい踏みつけに興奮。
本当に強豪に当てると光る、やっぱり中村強いよなぁ。

○ギルバート・メレンデスvs川尻達也
まさにリアルクラッシャー対決。
休まず足を止めて打ち合う二人に拍手。
コーナー背にしてベタ足で打ちこむ川尻に涙。
好試合。

○藤田和之vsエルダリ・クルタニーゼ
まぁこんなもの。
藤田は出てくれるだけでNo問題。

○五味隆典vs石田光洋
まさにカスリもしねぇーよ
左ストレートをもらって崩れ落ちず、後ろに倒れたのが石田のできたすべて。
完勝。

○ジェームス・トンプソンvs吉田秀彦
吉田、相手をナメすぎ。
胴衣脱いで打ち合って記憶飛ばされ撃沈。
やはり藤田は打たれづよさでは別格なんだな。
それを潰した階級下のシウバもバケモノだけど。

○アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラvsジョシュ・バーネット
今回も好試合。
デスバレー(?)やフロントチョークなどジョシュなりの見せ場も作るものの、的確な打撃でノゲイラが試合をコントロールした試合。
ジョシュ勝って欲しかったなぁ。

○エメリヤーエンコ・ヒョードルvsマーク・ハント
序盤十字をしのぎきるハント。
この時点でオレ判定はハント。
しかしそこから攻勢に回るハント。
一撃でKOできそうなパンチを振り回し、グラウンドではサイドに周りヒョードルを封じる。
最後はアームロックに沈んだものの大健闘のハント。
年の最後にいいもの見た。

−−−−−

すばらしい興行だった。
近藤vs郷野を除けばどの試合もすばらしく5時間の時間が短く感じられた。
煽り映像も安心できるレベルに戻った。
ミルコ離脱とはいえ、来年もPRIDEは見にいく価値アリ。

−−−−−

20061231.jpg

客入り:満員
興行満足度:95%
タグ:PRIDE



posted by わに at 22:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/30677133

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。