タグクラウド
記事

2007年04月08日

2007/04/08 PRIDE34(たまアリ)

これまで40本近く会場観戦しているPRIDE。
ずっと一番安い席だったが今回はなぜか10列目。
カード的にはイマイチなもののPRIDEはカードだけでは図れない満足が必ずあるのでそこに期待。

でもせっかくのいい席なのでヒョードル、ハント、ジョシュとか見たかったな。

−−−−−

○中尾“KISS”芳広vsエジソン・ドラゴ
今日はアグレッシブな中尾。
決め手は袈裟固め。
アマレスラーの極める袈裟固めって相手にとっては恐怖だよなー
そんな試合。良。

○バタービーンvsズール
好マッチメーク。
スタンドで押すバタービーン。
寝かされて何もできないズール(バタービーンの体重のかけ方が良いのか?)
お互いこんなにでかい相手とスパーリングしたころないだろうし、おっかなびっくりで試合するズールにちょっと泣。

○瀧本誠vsゼルグ“弁慶”ガレシック
長いリーチで回転の速い打撃の弁慶。
中盤、ワンツーをバッチリもらってるのに打ち合う瀧本、スバラシイ。
終盤オモプラッタをはさんでの十字。
今までの総合での借金を返済した試合。
次の試合に注目。

○ギルバート・アイブルvs小路晃
ヒールで極めきれない小路(むしろ不利な場面も...)
結局サイドにつかれて充分に腕を引いてのパンチを打ち込むアイブル〜終了
...しかしなんでミノワはアイブルに勝てたんだろう?


○ジェームス・トンプソンvsドン・フライ
"この試合の意味をトンプソンが理解しているか"にかかっている試合。
理解しているらしく正面から殴りあう二人。盛り上がる会場。
しかしスタンドでの体格差と引き出しはトンプソン優位。
次第に追い詰められ棒立ちになるフライ。
最後1分くらい止めるのが遅い気もしたが...普通にマイクとってしゃべってるフライ。
すごいなーフライ、この試合形式をプロの職業にまで昇華してる。拍手。

幕間:
さくらばー、たむらー
絶叫、筋金入り元U信者

○青木真也vsブライアン・ローアンユー
修斗時代から奇跡のような試合をみせる青木。
入場やマイクの青臭さも今や味。
ヒヤッとするヒザをもらいつつも、寝かされれば磐石。

○ソクジュvsヒカルド・アローナ
いやこりゃ面白い。
下げたはずのアローナの顔が、意識とは逆に浮き上がるほどの力任せのアッパー〜半失神。
盛り上がる会場
しかしアローナの負けっぷりもすばらしい。
・ランペイジのパワーボムに失神し
・ショーグンの踏みつけコンビネーションに失神し
・ソクジュのアッパーに寝かされる。
総合に常勝はありえないとはいえ、こうも大事な試合で負ける勝負運の無さはスバラシイ。

○藤田和之vsジェフ・モンソン
おんなじタイプに苦戦する藤田。
じわじわ追い込まれ最後はスリーパー。
おんなじタイプで追い込まれて負けるってことは実力差?
ちょっと悲しい。

−−−−−

判定なしでテンポよくすすんだかなりの満足興行
実力者のせめぎあいが判定決着につながる昔のPRIDEから一皮向けた感はする(いいか悪いか別として)

興行としては良質興行、けどまとまりすぎかなぁ。

−−−−−

20070408.jpg

興行満足度:90%
客入り:80%(たまアリ狭いバージョンで)
タグ:PRIDE



posted by わに at 11:20 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私のブログで
こちらの記事を紹介させて頂きましたので
ご連絡させて頂きました。

紹介記事は
http://tvnomori.blog95.fc2.com/blog-entry-235.html
です。
Posted by テレビのお守り at 2007年04月16日 00:46
はじめまして(かな?)

私のブログで
ここの記事を紹介させていただきました。

紹介記事は
http://blog.livedoor.jp/zero_ijin/archives/53841221.html
です。

よろしくお願いいたします。

Posted by ズィロ at 2007年04月16日 11:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/38762958

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。