タグクラウド
記事

2007年06月29日

2007/06/29 IGF 猪木ゲノム(両国)

田村参戦、カード未発表....ずっこけ期待で当日券観戦。
いや以外に客入りは悪くない、最初は半分くらいも最後は9割埋まりに
ウワサでは一般に回るような招待券は無かったハズなのに。

−−−−−

○澤宗紀vs石川雄規
石川のバックドロップが極上。
あーこの会場で石川越えなんだという試合。
プファン的にはまずまず。一般層にはどうかなーという試合。

○ロッキー・ロメロvsvsエルブレイザー
今日も重力無視の極上飛び技を見せるブレイザー。
いまいちブレイザー相手にスイングしないロメロ。
展開からの結果に不満。

○アレクサンダー大塚vsケビン・ランデルマン
7年位前のPRIDEならメイン級のカード。
しかしこの場で今でプロレスで第一試合はないだろ。
うーんな試合。

○小原道由vsタカ・クノウ
初プロレスとプロレス下手の試合。
しかし、小原プロレス頭フル回転で、引くくらいの頭突きを連発。
初プロレスでばっちり動きの止まるタカ
ちょっと良かった、二試合目としては満点じゃないすか。

○田村潔司・上山龍紀vs小武悠希・松田英久
あーやっぱりオレはバカだ。
会場に来る前に「田村vsジョシュ」「田村vs小川」悪くとも「田村vs安田」を多少なりとも期待してしまった。
ぷオタは30年間成長しない。
試合内容はといえば場の空気を考えないぐずぐずっぷり。
唯一田村の出たときのたたずまいと動作は極上。
このスタイルで凄みや表情を出せるのはやはり今は田村だけだなぁの試合。

○ジョシュ・バーネットvs安田忠夫
プロレス的にはちょっぴりデクの棒な二人。
しかし4分でしっかり試合をまとめかなりの盛り上がりに。
最後の事実上のフィニッシュとなったクルックヘッドシザースに昭和親日&ジョシュのコダワリを見た。
良。

○小川直也vsマーク・コールマン
これもプロレス的にはちょっぴりデクの棒な二人。
しかし6分でしっかり試合をまとめかなりの盛り上がりに。
こういう試合スタイルで連続STOが出ると、ちょっと昔を思い出してどきどきするね。
良。


○カート・アングルvsブロック・レスナー
100点
でかくてWWE王者クラスの表現力を持つ二人が、日本にあわせて2.9プロレスを実践。
完璧F5も2.9だよ。アンクルロック返しだよ。
これやられたら満足するしかない。
会場大熱狂。

−−−−−

ずっこけどころか異常に面白かった。
ファン層もあれなんで両国の居酒屋どこも満員だよ。
最近のプロレスではありえないこと。
単発興行、カード未発表にしては最後の三試合はレスラーの活かし方がうまく締まった興行に

20070629.jpg

興行満足度:95%
客入り:90%





















タグ:IGF



posted by わに at 09:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。