タグクラウド
記事

2008年01月06日

2008/01/06 大日本(桂スタジオ)

桂遠いなー。タクシー代もかかるし。
しかし今日は伊東vsMASADAが非常に楽しみ。
本気の時には必要以上にゴッツゴツの試合をするMASADA。
デスマッチのリングでそれを受け入れられる伊東と、歴史に残る試合になる可能もある。

テストマッチ
○クリスvsトミー
第一試合前にやってたテストマッチ。途中から。
でかいし男前だし若いし、これからなんだろうね。

○松田慶三・小部卓真vs井上勝正・大橋篤
Iジャと大日本の対抗戦。
驚くのはIジャ二人の色の黒さ。
この試合は個人的には「日焼け・コントラ・ブリーチ」に認定。
日焼け軍の勝ち。

○大黒坊弁慶・谷口裕一vsGENTARO・今井計
いつもの試合。
GENTAROはそろそろ勝負の年なんじゃねぇの。

○マンモス佐々木・シャドウWX・2タフトニーvs関本大介・金村キンタロー・小幡優作
注目は久々のトニー。相変わらず動きもいい。
最後も小幡をトップロープ上に座らせてから、ロープづたいからのフランケンシュタイナー(!)〜トニードライバー。会場どよめく。
...バカ外人ズは、ポンドの空気を読み実践できる力と、トニーのもっと評価されていいプロレスの上手さで成り立ってた(ポンド&ネクロ&MASADAではちょっと違う)
トニーは再来日を期待。

○MEN’Sテイオー・忍vs怨霊・矢野啓太
今日はゲストも手薄なメンテー劇場。
しかし、新木場規模ならメンテー劇場だけで興行打てそうなほどメンツ充実してきたなぁー。見所難しいけど。

○佐々木貴・宮本裕向vs“黒天使”沼澤邪鬼・アブドーラ小林
好きです!さいたま大日本スローガン決定記念デスマッチ。
ロープに立てられた蛍光灯の上が緑に塗られ深谷ネギを連想させる。
まぁこの程度では"いつものデスマッチ"に見えてしまうところが怖い。

○伊東竜二vsMASADA
ノーロープボブアイヤー・ファイヤーボード&ボブワイヤーボードコンクリートブロックデスマッチ。
デカイMASADAは当たっただけで迫力が違う、狭い会場が緊張感で満ちる。
途中、MASADAが伊東を抱え、有刺鉄線ロープ上に伊東のノド元を落とす。伊東の体重で有刺鉄線がブチブチ切れ場外にものすごい落下音でころがり落ちる伊東。悲鳴をあげる会場。
その後もブロックで背中を殴ったりとヤバいときのキレキレハードヒットを伊東にかますMASADA。
圧巻はブロック2個がさね上へのボディスラム。いや死ぬぞお前ら。
またファイヤーボードが燃えるほど火をつけ振り回し場外で追い掛け回すMASADA、ちょっと想像を超えていて笑ってさえしまう。
その後もブロック上へのファイルコンアローなどゴッツゴツの試合。
最後は有刺鉄線をMASADAにかぶせての撮影足場からのドラゴンスプラッシュ。
100点

−−−−−

そろそろ蛍光灯も食傷ぎみ。
なのでそのあたりはデスマッチ2.9のできる佐々木、宮本、谷嵜あたりに任せておいて、伊東の使命は有刺鉄線&ハードヒット&ハイフライでの組み立て。
そういった意味では今日の試合は素晴らしく、今後ライバルとなりえるMASADAも非常にできがよかった。

20080106.jpg

客入り:満員
興行満足度:95%
タグ:大日本



posted by わに at 11:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。