タグクラウド
記事

2008年03月05日

2008/03/05 戦極(代々木第一)

代々木近くていいなぁ、平日がxだけど。

オープニング演出の間が悪かったりするけどまぁ許容範囲。
そういえば総合生観戦するのPRIDE最終回以来、すんごい楽しみ。

○ニック・トンプソンvsファブリシオ・“ピットブル”・モンテイロ
おー、旗揚興行第一試合からひえひえの会場。
しかもグラウンド制したブラジル人ではなく、ちょこっと打撃当てたアメ公の勝ち。
しかし見てるほうにとっては勝ち負け以前の問題。

○川村亮vsアントニオ・ブラガ・ネト
われわれU信者にとっては「金原をKOした男」こと川村。
打撃まったくできないとはいえでかく組み伏せると強いネトが相手でちょっと持ち味は出ず。
判定結果は仕方ないもののうーんな試合。

○エヴァンゲリスタ・サイボーグvs瀧本誠
ここ2試合で男をあげた瀧本。
今日の相手は難敵のサイボーグ。
...これまた見所なく打撃で完全粉砕、ゴング前に寝て足関、の最悪の負け方。
あーぁ、相手が悪かったとは言いたくないが、まさしくそれ。

○藤田和之vsピーター・グラハム
そりゃそうやって勝つだろ!とツッこみの入る勝ち方。
トンプソン戦並の乱打戦をちょっとは期待したんだけどね。
まぁ藤田見れただけいいか。

○三崎和雄vsシアー・バハドゥルザダ
総合としての試合展開としては文句なし(打ち合い〜ヒヤっとさせて〜術中にハメ〜打撃で追い詰め〜さらに倒しても術中にハメ〜一本)なんだけど、なぜだかまだノレない三崎。
なんでかねー、セコンドのグラバカジャージのせいかなぁ。
遠めに見るジャージ姿の菊田は「小学生時代の牛乳の飲めないタイプ」(いや俺のイメージだけっども)

○五味隆典vsドゥエイン・ラドウィック
交錯するパンチ、全く引かずに打ち合う五味。
ワンパンもらって悲鳴も上がる会場。
しかし数分で見切って当て出してからは相手の腰も引く圧力をかける五味。
結果カットのTKOは仕方ないもののもう一度みたい試合。

○ジョシュ・バーネットvs吉田秀彦
余裕を感じさせるジョシュ、開始直後バックドロップで吉田を投げきる。
立って寝て余裕のジョシュ。パウンドも呼吸を整えてから出してる。
亀になった吉田の腹に踵を入れ、そこから手を腰に回しジャーマンを狙う場面も。
亀の状態で攻め手がなく耐えてるのって吉田タイプの柔道家として屈辱じゃ?
最後も余裕かまして両足フックしてからのゆっくりとしたヒールホールド
予想はしていたもののここまでの実力差とは。
ミルコ/シウバに負けたときは「寝技のワンチャンスさえあれば...」という気も多少はしたが、今回の負けは決定的。

−−−−−−

ジョシュの強さを再認識した興行。
エース吉田&期待の瀧本が惨敗した状況で、次以降興行スケジュールが決まっているのも怖い。
ここはFMW方式で次回ジョシュ吉田はリマッチで、サンダーファイヤーパワーボム炸裂、吉田号泣マイクアピールくらいしか策がない。

20080305.jpg
※写真撮り忘れた

客入:満員
興行満足度:85%
タグ:戦極



posted by わに at 11:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。